ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

さよならゴールデンウイーク。

おはぎが今年も無事に誕生日を迎えました。いよいよ5歳ということで、おはぎの成長を感じる今日この頃です。

先日、「水換えの後で機嫌を直すのが早くなった」ことをお話ししていましたが、もう一つ、最近は少し警戒心が和らいできたかなぁとも思うのです。昔はこうして寝顔を見ているとすぐに目を覚ましたものですが、最近は割と平気。無防備な寝顔をたくさん見せてくれています。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

あ、起きちゃった。

まぁ、しつこく写真を撮ってれば寝てられないですね。ごめんなさい……。

今日は奮発して、ディナーは甘えび。おはぎとご馳走と言えば、以前は興奮しすぎたり、やきもちを焼いたりして無事に食べ終えられないこともあったものです。おはぎのためのお祝いを、自らぶち壊して満足に食べられなかったことが何度あったことか……。

でも、そこはさすが5歳。今日はそんなことありません。僕と奥さんから交互に食べさせてもらって、おはぎはご満悦でした。

しかしながら、どうやらトラブルメーカーの役割は下の子に受け継がれたようです。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

甘えびをうまく食べられなかったからか、おはぎに嫉妬したのか、あずきが途中からスネてしまい、水槽の奥に引っ込んでしまいました。さらに暴れ出し、水をまき散らす始末。振動と音で、おはぎが少し後ずさるくらいの勢いです。

結局あずきは奥さんに水から出されて、一喝されてしまいました。水に戻されてもしばらくスネていましたが、入れておいた甘えびは僕らが離れた後で完食した模様。この末っ子にはまだまだ手を焼きそうです。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

さて、恒例と言えばもう一つ、今日からヒーターを外しました。例年、なんだかんだとヒーターを戻すハメになっているんですが、おはぎが成長した今年はどうでしょうか。期待してみたいと思います。

 

▼ 下の子たちのお手本になれるかな?

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!