ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

フィールドは充実の一途。

水換え中のよもぎは歩き回るだけではなく、「動かないチーム(おはぎ&あずき)」を追いかけ回すことから、これまでは一匹だけ何もないビニールプールに入れて自由に歩かせていました。しかしプールは広いけど殺風景で、よもぎはなんとか脱出しようと外周を回るばかり。そこで今年から始めたのが、プール内に障害物を並べた「よもぎアスレチック」です。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

障害物といっても、これといって珍しいものはありません。亀の飼育用具などをあれやこれやと置いてみただけ。ただ、登るための勾配や亀の好きな隙間などは意図的に設けておいて、飽きないような工夫はしています。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

よもぎは狙い通り釘付け。あっちへ行ったりこっちへ行ったりと、飽きる気配もなく遊び続けています。やろうと思えばプールから脱出してしまえそうですが、今のところ外の世界にはあまり興味がなさそう。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

この躍動感!(落ちただけ)

巻いたタオルで坂道を作ってやると、そのまま登ったり、下をくぐったり、横から乗り越えたりと、こちらが感心するくらい工夫して楽しんでいます。あと、伏せたタブトラッグスもなかなか魅力的なようで、

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

のぞいたり

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

コンニチワしたり

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

登ったり(無理)

……ある時はこの中で寝ていたりもしました。

以前は床を自由に歩かせていたもんですから、水換え中も危ない場所に行かないか心配でしたし、何度か見失って探し回ったこともありました。かと言って小さな容器に入れておくのも少し不憫に思うんです。せっせと歩いてくれたらダイエットにもなりますしね。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

今後もちまちまと用具の配置を変えて飽きない工夫を続けていけば、よもぎは当分これで遊んでくれそうです。

あとは「動かないチーム」だなぁ……。外に出されて警戒してるんでしょうけど、何故だか気まぐれで動きまくることもあるんで厄介です。その点、よもぎの分かりやすさよ。

 

▼ そのうち遊具も自作したいですね。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!