ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

便秘が治ったよもぎさん。

奥さんのアイデアで、亀ニットに鈴をつけました。亀が歩くだけでチリンチリンと軽快な音を立てます。

これで水換え中によもぎとあずきを探す手間が少し減りそうです。おはぎの音はあまり聞こえませんが、どっちにしろ動かないからどこにいるかはすぐに分かるので大丈夫。ただ、あずきは体が大きくなったせいで、ニットが脱げやすくなっているのが問題ですね。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

「む、どこにお出かけする気だ!?」

最近、夜によもぎが暴れることがあります。暴れると言っても、水面をパチャパチャたたいて右へ左へと泳いでいるだけなんですが。しかし水が周囲にはねるのは困りもの。そこで、時間のある時はよもぎだけ水から出して、部屋を歩かせてるんです。

水換えではないので、僕らもよもぎに付いていって家の中を一緒にお散歩。玄関や浴室など、よもぎは他の2匹が知らない場所をたくさん冒険しました。散歩が終わると、さすがに疲れたのか静かに寝てくれます。よほど元気があり余ってるのかもしれませんね。

水換えのときには、他の2匹も元気いっぱい歩いています。

少し早い風鈴のように、涼しげな音色が響く我が家です。

 

▼ ドラえもん師匠も歩いたらチリンチリン鳴るはず。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!