ミシシッピニオイガメの「おはぎ」と「あずき」

今日は割と動いてました。

アスレチックで遊ぶよもぎの様子は先週お伝えしましたが、今週は通称「動かないチーム」こと、おはぎとあずきの様子について。

このチームはつい最近もドタバタぶりを発揮しておりまして、その名に反してこのところ妙に動き回っています。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

おはぎはこの仁王立ち。外に出る気満々です。体の大きさ的に外へ出るのは簡単なんですが、出た後に歩く方向については注意したいところ(※失敗例)。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

難なく外に出てご満悦。怖い子(=よもぎ)もいないし、部屋の中を歩きたい放題です。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

しかしどういうわけか、しばらくしたらプールと壁の間に挟まって休んでました。隙間に挟まれないと落ち着かない、おはぎの悲しい性(さが)。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

一方、あずきも今日は外に出る気満々でした。でも、そっちに行っても外には出られなさそうですよ。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

体の大きさのせいで、簡単には出られず。悔しい!

しかしひっくり返ってもこのままで、相変わらず起き上がろうという意志すら見せません。他力本願なおひめさま。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

自力で出られそうな気配がないので、仕方なく出してやりました。周囲を警戒しつつ、ちょっとずつ歩き出すあずき。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」と「あずき」

途中、ストーブの前で「動かないチーム」が集合。たっぷりと温もりを充電したあと、おはぎは水槽のラックの下、あずきは本棚の横の隙間へと、めいめいに探検を再開しておりました。

季節はすっかり冬なのに、かえって行動的になった感のある「動かないチーム」の二匹。理由はさっぱり分かりませんが、運動してくれる分には大歓迎です。

この二匹は割と目で追いやすいし、行く場所もだいたい決まってますから少しは安心。よもぎに負けず、この冬を超える体力をしっかり付けてもらいたいものです。

 

▼ いっぽう、最近やたらと疲れやすい飼い主です。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ: ,
お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!