ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

亀部屋変更後、初……かな?

久しぶりによもぎが植木鉢に腰掛けていました。春になったから、というわけではないようです。以前は真冬に植木鉢の上で寝ていたこともありましたから、室温は関係ないのでしょう。植木鉢の高さや水量などがちょうどいい具合に噛みあったとき、よもぎにスイッチが入るのかもしれません。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

よもぎの様子は部屋が変わっても相変わらず。そのまま脱走しようなんてこともなく、無心に前だけを見つめています。僕らが前に座ってもエサくれはしません。この時だけは、エサよりも大事な何かがあるらしいのです。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

とは言え、そこは食いしん坊。僕らがしばらく前にい続けると、いつしか食欲に軍配が上がって、そそくさと植木鉢から下りてしまうのが常。だから僕らもよもぎの邪魔にならないように、最近はなるべく遠くから見守るようにしています。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

昨秋に腰掛けていた際は、後になって皮膚炎を患っていたことが判明しました。あの時は昼夜を問わず腰掛けていて、不穏な空気が漂っていたものです。

今回は2日間ほど上り下りを繰り返したあと、腰掛けブームは一旦終了。幸い病気ではなかったようで一安心です。ただ、この前フィルターを変えたばかりということで、しばらくは一挙手一投足を気に掛ける日々が続きそうですね。

さて、よもぎが植木鉢に腰掛ける瞬間をこのたびようやく撮影できました。まったりとは正反対の、わりと必死な様子をご覧ください。

▼ 少し心配だけど、見ていたくもある。

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ: ,
お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!