ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

4月にして真夏日。

日差しは強いけれど、日陰にいる分にはさわやかで過ごしやすい。そこで、ベランダで水槽一式を洗いつつ、亀たちを日光浴させようということになりました。珍しい場所に置かれて、興味深そうに動く亀たち(一匹のぞく)。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずき

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

どんさん(動かない)

水換え作業中は、安全のためビニールプールで泳がせておくことにしました。ただ、よもぎがあずきに突進し、あずきがおはぎに突進する状況。どっちみち作業に専念できないので、結局ビニールプールの中にタブトラッグスを入れ、住み分けさせることに。しばらくは様子が分からず、大人しくしていた3匹でしたが……、

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

キラーン

……よもぎはじっとしてません。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」
あずきを臨戦態勢にさせたり、

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」
おはぎを恐怖に陥れたりと、大暴れです。よもぎはタブトラッグスから出てみたいだけなんですが、他の二匹は気が気じゃない状況。出るたびに元に戻されたよもぎには、また改めて好きなだけ歩き回らせてあげないといけませんね。

奥さんが水槽を洗ってくれている間、僕はタブトラッグスの位置をこまめに変えて、3匹をじっくり日に当てていきました。亀たちの日光浴が目的だったわけですが、結局一番日差しを浴びていたのは僕ら夫婦だったかもしれません。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

下の二匹にさんざん翻弄されたおはぎ、今日ばかりは機嫌が直るのに時間が掛かりました。水換えを克服しつつあるおはぎが、3匹で過ごす時間にもいつか慣れてくれたらいいんですけれども。

 
▼ 真夏の日差しになるまでに、何度か日光浴させてあげたいですね。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!