ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

よもぎ、3歳になりました。

この一年間、何かと色々あったよもぎさん。かなりひどい便秘に悩まされたのもそうですが、水換え中に他の亀たちを追い回すようになったのには驚きました。それまではプールの壁を登ろうとして必死に暴れるばかりだったのに、急におはぎやあずきのお尻を追いかけ始めたんです。発情食欲か、我が家の中でも意見の分かれる状況でした。

ちなみに、我が家の3匹の性別は今のところ判然としません。動物病院で診断していただいたこともないですし、性別判定の手がかりとされる総排出口(お尻の穴)も甲羅のフチをまたぐような位置にあったりして、よく分からないまま。その他の判断基準も決め手に欠けたので、「今はまだ育て方が変わるわけでもなし」と判断を保留していたのです。

ここで話は昨日の続きになるんですが、蟲文庫の田中さんとの会話の中で亀の性別の話題になりました。「ウチはまだ分からないんです」とお話ししたところ、「3歳だったら、あと2年くらい掛かるかもしれませんね」と言っていただいたので、一安心。ただ、それに続けて仰ったのは「でも、それくらいになると他の亀を追っかけたりする子もいて、そういう子はほぼオスですね」ということでした。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

↑ 他の亀を追っかける子です。

そんな訳で、よもぎはたぶんオスです。
もちろん田中さんは実際によもぎを見て仰ったわけではないので、決定ではありません。よもぎの行動と他の亀の生態を比較して、「かなりオスっぽい」という段階でしょうか。一方、よもぎに追いかけられるおはぎはメスなのか、というと、それも断言できないのが亀の奥深いところであります

さて、よもぎの後追いは秋になって少し落ち着いてきました。今年の恋のシーズンはフラれ続けて終わった模様です。……また来年!

※同性に求愛行動をする亀もいる模様。

 

▼ よもちゃん、えーっと、嬉しそうね!

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!