ミシシッピニオイガメの「あずき」

相変わらず他力本願なお姫様。

今年ももうすぐ終わろうとしています。というか、やっと終わってくれるようです。

我が家にとって今年は本当にひどい一年でした。夫婦ともども絶えず体のどこかが悪く、通院すること数知れず。何事も思うようにいかず、ストレスに押しつぶされそうになることもしばしば。「生きた心地がしない」という感覚を何度も味わうことになりました。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

おっと、そろそろお怒りですね。いま裏返しますんで、しばしお待ちを。

そんなシンドい状況の中でも、ウチの亀たちの前にいる時だけは自分を奮い立たせることができました。この子たちを不幸にしてはいけない、そう思うと少しは物事を前向きに考えられる気がするのです。

ところで、ウチの子たちにとってこの一年はどうだったんでしょう。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

どんちゃんは年明け早々に植木鉢が変わり、秋には部屋そのものが変わるという激動の一年でした。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

それでも不機嫌になったり調子を崩したりすることがなかったところに、6年の成長を感じたものです。おかげで誕生日やお迎え記念日などには過去を振り返る記事ばかりになりました。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

よもぎにはシンドい思いをさせました。僕らの不調の余波を受けて皮膚炎にさせてしまったのは、本当に痛恨事です。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

しかしこの子はまったく負けませんでした。食欲は衰えることなく、なんなら自力で治してやろうとばかりに念入りな甲羅干しを敢行する。シンドい時こそしっかり食べ、できることをやろう、そう教えてくれた気がします。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

さて、最後にウチのお姫様です。この子は、一度は成功したダイエットを結局やめることになったりしましたね。

今年、僕らの中で飼育に対する考え方に変化がありました。「よそはよそ、ウチはウチ」、書籍やネットの情報で「こうあるべき」と思っていたことは、実はウチの亀に当てはまらないかもしれない。飼育部屋の立地や水質、人間との関係性やこれまでの飼育歴で亀の状況は千差万別です。何かと比較せず、まずウチの亀に良いと思ったことをしてあげよう、今はそう思ってます。

今年一年、亀たちから教えてもらったものを来年に活かしたい。あと数日を無事に乗り切って、家族が心身ともに健やかな一年を迎えられますように。

 

▼ 祈るような思いです。

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!
▼ 犬猫以外もOKとのこと。ちょっと気になる。
▼ 犬猫以外もOKとのこと。ちょっと気になる。