ミシシッピニオイガメの「あずき」

闘病記も今週で一区切りです。

7月も20日を過ぎていましたが、あずきは回復どころか、その兆しすら見せていませんでした。

薬が効力を発揮するには体力が必要です。体力を担うのは栄養剤ですが、一日何回も与えてはいるものの、やはりまだ足りないのかもしれません。
思案した末、獣医の了解を得て、レプトミンを与えてみることにしました。もちろん固形物はまだ食べられません。そこで粉状にすりつぶし、水で溶いたものをシリンジ(針のない注射器)で投与します。実際のところ、レプトミンはすぐ分離してしまうので、上澄みだけを飲ませる感じです。
薬、栄養剤、消毒液、そしてレプトミン。投与する量は増えたものの、少しは希望があるかもしれないと根気強くやってみました。

それが功を奏したのかどうかは分かりません。ただ、8月に入ってから少しずつ変化が出てきました。日中に起きている時間が増えてきて、うつろだった目も次第にはっきりしてきました。相変わらず潜ることはできないものの、水に浮く感覚に慣れたのか、慌てず泳げるようになりました。獣医からは「炎症がおさまってきた」との診断をいただけるようになり、発症から1か月を経て、あずきはようやく「回復のきっかけ」をつかんだのでした。
そのあとは、こちらにも書いた通り。8月15日に固形のレプトミンを自ら食べることができるようになり、以降は毎日食べています。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

レプトミンをわしわし食べるあずき

8月31日に獣医の診断を受けてきました。「舌の根本に炎症が少し残っているものの、大部分の組織は再生されている」そうです。また、「最初の頃は命の危険がありましたが、なんとかここまでたどり着きました。あと一歩です」とのことでした。
あと一歩。しかしそれが数日の話じゃないことは、これまでの経験で分かってます。

帰り際、看護師さんから「亀は本能で秋の始まりが分かります。秋になると体力が落ちる。どんなに部屋をエアコンで温めても、水をヒーターで温めても同じことです。季節の変わり目、気を抜かないで行きましょう」と言っていただきました。
我が家の闘病はもうしばらく続くことになりそうです。

 

▼ 知らない間にこんな小さなレプトミンが出てたんです。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!