あずきを見て元気出す。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

飼い主、闘病中。

実は一週間前から右足に感染症を患っていまして、現在治療中です。指の付け根から足首辺りまでパンパンに腫れてしまい、歩くことはもちろん立つことさえもできず、今週はずっと在宅で仕事をしていました。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

別アングル

日常生活はほとんど奥さんに頼りっぱなし。加えて亀たちのお世話も全部奥さんがやってくれました。右足以外は何ともないので、余計に申し訳ない。水換え中の僕のお仕事は、遊ぶ亀たちの見張り役です。

ミシシッピニオイガメの「あずき」
ミシシッピニオイガメの「あずき」
ミシシッピニオイガメの「あずき」

こてっ

病院で診察を受けていると、一昨年のあずきの闘病生活を思い出しました。治療の経過がほとんど同じなんです。

病原菌を検査→最初にもらった薬の効果が見えない→検査結果まだ出てない→より強力な薬をもらう→今ココ。

あずきはあんな小さい体で頑張ったんだと考えれば、こんな痛みは屁でもないと思えます。足をひきずってトイレへ行く際、あずきは平穏な寝相を何度も見せつけて僕を和ませてくれました。つくづく、親孝行な子だなと感謝するばかり。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

この足のせいで、我が家のホワイトデーは先送りになってしまいました。幸い、昨日あたりから腫れが少しずつ引き始めていますから、来週でしっかり治して、奥さんと亀たちにきちんとお返ししたいものです。

 

▼ 20年前にも同じ症状になりました

記事データ
  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ:

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメント

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“あずきを見て元気出す。” への2件のフィードバック

  1. すみこ より:

    こんばんは。
    お加減いかがですか?
    歩行も困難な状況では本当に大変そうです。
    私も実は去年は左手の靭帯損傷、尾骨捻挫、左足親指の骨折と怪我だらけの1年でした(^^;)
    年初めの職場で今年の抱負は「ケガをしない」と発表したほどです(笑)
    奥様と愛亀サン達の為にも、早目の完治をお祈りしております。

    • IHANOYA より:

      お返事遅くなりました。(;^_^A
      おかげさまで昨日から歩く練習をしています。
      まだ腫れは残っているので、少しずつ慎重に、と言う感じですが。
      すみこさんもかなりお辛い状況だったとのこと、お察しします。(-_-;)

      体が思うように動かないと、水換えというのは本当に大変ですね……。
      避難もそうですが、こちらももっと楽にできれば僕らも亀もお互い
      ハッピーなので、今後に向けて改善していこうと思います。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です