ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

進撃のよもぎ。

投薬終了から今日で丸1か月。おかげさまであずきは今日も元気でした。お腹が空いたらエサを探して泳ぎ回り、僕らを見つけるとエサくれをし、お腹いっぱいになるとヒーターに持たれて昼寝タイム。そんなあずきの日常が戻っています。ありがたいことです。

さて、今日は先週に引き続いての一斉水換え。亀たちが邪魔にならず危険も少なく、そして手の掛からないレイアウトを試行錯誤中です。

我が家のミシシッピニオイガメたち

向こうに見えるのはおはぎ(左)とあずき。よもぎは脱出のチャンスをうかがっています。実は一度脱出したのに、もう一回入れられちゃったのです。

我が家のミシシッピニオイガメたち

あらら、珍しくあずきがおはぎをくんくん。あずきもひょっとしてオスだったりするんでしょうか。しかし、たいして興味がなかった模様。

我が家のミシシッピニオイガメたち

おはぎはこの表情。目が死んでます。さすがの千両役者。

我が家のミシシッピニオイガメたち

そうこうする内に、よもぎも脱出に成功。当然のようにおはぎをくんくん。おはぎの何が亀たちを引き寄せるのか。

我が家のミシシッピニオイガメたち

おはぎ、プールに顔をめり込ませるほどの防御体制。微動だにせず。もうよもぎはいないんですが、動きません。

最近は気温が低いので、暖かい「亀部屋」から三匹を出すことができません。そのせいで、どうしたっておはぎが「くんくん被害」をこうむります。今回はあずきまで加わってしまいました。目に見えないおはぎの魅力が二匹を引き寄せてしまうようです。

奥さんの膝で眠れるのはもう少し先かな。それまでおはぎはくんくんされ放題かもしれません。

 

▼ さぁ来週はもう12月だ!

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!