ミシシッピニオイガメの「あずき」

そのまま登っておいで。

日の入りがめっきり早くなり、ひぐらしの声が目立って聞こえてくる季節になりました。夏のあいだの宿題は、早めに済ませておかないといけませんね。

さて、先週の続きでございます。あずきの爪を切らずに済むように、自然に手が触れて爪が削れるような障害物を置こう。でも前回のはどうやら小さすぎて、触らずに済んでいるようだ困ったぞ、というところで終わっておりました。

そのあとで見直した結果がこれでございます。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

じゃーん。

どうでしょう、しっかりつかまってくれているではありませんか。

これ、奥さんがずいぶん前に植木鉢を割って作ってくれたものの、亀がすっかり大きくなって出番に恵まれなかったものです。おはぎの新居と似たような経緯ですね。置いておくと案外使い途があるものです。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

泡まみれ

まるで初めからあったみたいな顔してますね。
あずきは他の子の匂いに敏感なんですが、この植木鉢は使う頻度が少なかったおかげか、とくに警戒感も見せませんでした。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

起きてるときはわりと頻繁に触れているようで、てっぺんに収まって息継ぎをしたりもしています。甲羅の一部だけが水上に露出するくらいの高さなので、「甲羅干ししない派」のあずきには安心感があるのかもしれません。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずきは四隅が通れないと嫌なのか、壁ぎわに無理くり体を入れ込んで通路を作ったりもします。こうやって荒々しく扱ってくれれば、シメシメです。

ひとまず今回の植木鉢は「登ったり動かしたりする障害物」としての役目を果たしてくれそうです。ただこれで成功ではなくて、無意識に爪を削ってくれるのがゴールなので、まず第一段階はOKというところですね。

ちなみに……

ミシシッピニオイガメの「あずき」

うふふ。すっかり眠っている様子。不意に電池が切れたのか、安心して寝ちゃったのか。

この感じだと、どうやら気に入ってくれてるみたいですね。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

飽きたらどうなるかなという心配もありますが、ひとまずは気長に構えて、様子を見ていこうと思います。

 

▼これは人間用。

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!
▼ 犬猫以外もOKとのこと。ちょっと気になる。
▼ 犬猫以外もOKとのこと。ちょっと気になる。