ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

私は誰でしょう?

正解は、我が家の3亀で最も水質にうるさい繊細屋さん、よもぎでした。

我が家の水換えのタイミングは、だいたい週一。水槽の上に置くタイプの大きなフィルターにしてから水の濁りも減り、ずいぶんと楽になりました。それでも人間の目には見えない水質の変化というのもあるようで、よもぎはそのタイミングを教えてくれます。

よもぎは変化に敏感。水から顔を出して過ごす時間が長くなってきたら、「そろそろ水換え」のお知らせです。水がきれいじゃないから飲みたくないよ、というサインですね。水が汚くなると便通が悪くなるので、これを見逃してしまうと便秘になりかねません。朝によもぎの水槽をチェックした際、う○この残骸が見当たらない時はもう「水換え警報」の状態。便秘になる前に大急ぎで水換えです!

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

水から顔を出すよもぎ。この時間が長くなると要注意です。ただ、以前は水草の上にプカプカ浮いて楽そうだったのに、今はフィルターにつかまってちょっと大変そうですね。

代わりに流木のオモチャを入れてあげたんですが、画像の左にひっくりかえった足が写っているように、こちらは転がして遊んでいる模様です。残念……。

 

▼ よもぎはこれの60cmを使ってますが、デュアルの方で充分だったかも。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!