IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

来季は始まっています。

もらいもの。

秋季キャンプの中継を見ながら書いています。

広島カープはすでに油が乗り切っているし、DeNAベイスターズの選手は日本シリーズで躍動し、得難い経験を重ねているところ。我が阪神タイガースの選手も、こうして練習を重ね、来年こそ飛躍してもらいたいものです。

今季は結果こそ2位でしたけど、なんだかスッキリしないシーズンを過ごしました。中継ぎ投手陣は球界屈指の実力でしたが、打撃陣があいも変わらず貧打で、守るばかりの試合を観つづけたからじゃないかと思います。
貧打の原因としては、昨シーズンに芽を出した選手が揃いも揃って不調に陥ったことが大きいでしょう。高山、北條、原口の各選手。若手の競争と言いつつ、実際はその時々で使い物になる選手を出さざるをえない印象でした。中谷、大山の両選手が頭角を現したといっても、先の選手たちのことを思えば、来年も活躍できるとは限りません。
また、ファンの間の喧騒もストレスの一因でした。矢野コーチへの誹謗中傷に発展した梅野・坂本論争、金本監督と掛布監督の確執を憶測する報道など、何かと雑音の多い一年でした。

個人的にはチームに在籍している選手を全員応援する姿勢です。僕が応援しているのは阪神タイガースというチーム。チームが勝つために陽の光を浴びる選手もいれば、陰ながら支えることになる選手もいる。それは仕方ないことです。
そしてチームを率いているのは、二度もリーグ優勝を見せてくれた、かつての主力選手たち。2003年、ファンになって初めての優勝を経験した感動は今でも忘れません。だからこそ、彼らが率いるチームを信じて、来季も応援していきたいと思います。

最後の優勝から干支も一回りしてしまいました。この二年間の苦しみが、近い将来、優勝という形で花開きますように。

 

虎バカ本の世界 (ワニブックスPLUS新書)
虎バカ本の世界 (ワニブックスPLUS新書)
愛に溢れすぎた虎本を紹介する一冊。ちょっと気になる。

LINEで送る
Pocket

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です