ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

何をそんな、まじめな顔して……。

冬の間、植木鉢の上で就寝するのを日課としていたよもぎさん。僕らもそれを微笑ましく見ていたわけですが、実は春先に一度、水槽の外へ落ちてしまったことがあるんです。

ドンっという音がして慌てて駆け寄ったら、よもぎが床に伏せていました。よほど驚いたのか、呆然として動きません。しばらく甲羅を撫で、動き出したのを確認して水槽へ戻しました。幸い、その後は普段通りの様子。

これまで全く落ちそうな素振りを見せなかったため、僕らも油断していました。その後レイアウトを試行錯誤した結果、クリアファイルで水槽を囲ってバリケードを作成。しかし負けじとバリケードにもたれかかるよもぎを見て、最終的には植木鉢の上もフィルターでふさいで登れないようにしていたんです。

ただ、それからよもぎの様子がちょっとおかしい。夜に暴れることが多くなり、しばらくして長期の便秘が始まったのでした。

今週、もう一度よもぎが植木鉢に上がれるようにレイアウトを変更しました。今度は僕らも細心の注意で挑まないといけません。おはぎは何度も脱走したけれど、よもぎは怖い思いをして学習してくれたと信じたい……。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

「ん?」

本人、大変ごきげんさんです。機嫌がいいのが伝わってくる。待ってたのかもしれないねぇ。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

今度は落ちないように、一緒に頑張っていこう。

 

▼ やはり生活習慣は大事ですよね。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!