我が家に猫も来た。

エキゾチックショートヘアのごまめ

こんにちは亀ブログです。

このたび我が家に猫をお迎えしました。今年2月生まれの、エキゾチックショートヘアの男の子です。エキゾチックショートヘアというのは鼻先の出ていない、横から見たら顔が本当にぺったんこの猫種で、よく「ブサカワ」なんて言われています。

亀たちに生き物のかわいさや愛おしさを教えてもらった僕ら夫婦は、色んな生き物と暮らしてみたくなりました。クサガメにリクガメ、犬、小鳥、それにカエル。なかでも猫は犬ほど好奇心旺盛でもなく、亀とも相性が良いと聞いて、一番の憧れでした。猫カフェやペットショップにもよく行ったのですが、ついに僕らにとって100%の子と出会えたので、ここで一歩踏み出すことにしたんです。

エキゾチックショートヘアのごまめ

この子の名前は「ごまめ」といいます。ごまめとはいわゆる田作り(小魚の佃煮)を表す関西弁で、体が丈夫である意味の「まめ」を連想させる縁起のいい料理。今回は僕が名前の候補を列挙していって、奥さんが直感で決めました。

我が家には昨日やってきたんですが、環境の違いに慣れるのが大変な様子でした。嫌でもおはぎさんの初日のことを思い出しましたよ。あの時はおはぎさんが落ち着けるように水槽を移動させたんですが、今回はケージが大きくて動かせないので、僕らがしばらく家を出ることになりました。幸い、今日になってずいぶん馴染んでくれたように思います。

エキゾチックショートヘアのごまめ

とにかく抱っこが大好きな甘えん坊で、隙あらば抱っこして、撫でて、遊んでと鳴いて訴えてきます。夫婦とも「鳴く生き物」と暮らすのが初めてなので、かなり押され気味。しかし週明けからは留守番もしてもらわないといけないので、なんとか心を強く持とうと努力しているところです。

さて、いっぽう亀たちです。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

今日のあずき

亀ブログの矜持として、本日の亀たちも載せておきましょう。

まだごまめと亀たちは会わせてません。ごまめにとっても昨日今日とで情報量が多すぎるし、おはぎさんとあずきは相当警戒するはずです。なので、折を見て少し離れたところから会わせるようにしたいと思ってます。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

今日のよもぎ

このブログは今後も亀中心で、たまに猫が顔を出すような塩梅にしようと思ってます。当分は猫のことで大変なんですが、それでも亀たちをおろそかにしないように、亀たちにも目を配っていこうという戒めの意味もあります。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

今日のおはぎさん

おはぎさんも最初はどうなることかと気を揉んだけれど、そろそろ9年、我が家の精神的な大黒柱なんじゃないかという存在になりました。ごまめもきっと、我が家に馴染んでくれるはず。先輩の三亀にもお願いしなきゃいけませんね。

エキゾチックショートヘアのごまめ

ということで、亀三匹と猫一匹との暮らしが始まりました。正直なところ、これからが楽しみでもあり、不安でもあり。そんな現状です。

今後も相変わらず我が家の生き物を愛でるだけのブログですが、三亀と合わせて猫のごまめもどうぞよろしくお願いします。

 

▼ 「亀と猫」を教えてくれた我が家のバイブル。

記事データ
  • カテゴリー:エキゾチックショートヘア
  • 関連するタグ:

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメント

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“我が家に猫も来た。” への4件のフィードバック

  1. おこめ より:

    ごまめちゃん、かわいいですね!
    普段の3亀さん達への愛情の注ぎ方を見て、我が家の亀にももっと快適に過ごしてもらえるようにしなきゃいけないなぁ・・・なんて感心しきりなので、素敵な家庭に辿り着いたごまめちゃんが羨ましい限りです(笑)

    我が家の亀たちは夏まっさかりで例のごとく毎日大暴れしてます(苦笑)
    これからまだまだ暑い日が続きそうですがお互い体に気をつけて乗り切っていきましょう^^

    • IHANOYA より:

      ありがとうございます。(´;ω;`)

      三亀たちのお世話がおろそかになってないかと日々ヒヤヒヤしているので、そう言っていただけるとホッとします。

      子猫はホント、目を合わせるたびに遊びを催促してくるんですが、夏の亀もまたエサくれに励んでいるので、どちらも忙しいです(笑)。元気があるのは良いことなので、こちらも答えたいし、今年はひときわ大変な夏になりそうですよ。(;^_^A

  2. すみこ より:

    こんばんは♪
    猫と亀の相性の良さは蟲文庫さん家のサヨキチさんで実証済みですから、IHANOYAさんなら、いつか猫さんと一緒に暮されるのではと、実は密かに思っていました(笑)
    3亀さんのもそうでしたが、もう、ごまめちゃん以外無いくらい、お似合いのお名前ですね。
    愛称がごまちゃんでも、まめちゃんでも、とても可愛いです♪
    今後のブログをますます楽しみにしております。

    • IHANOYA より:

      バレてましたか(笑)。
      猫をお迎えするタイミングはもっと先になるんじゃないかと思ってたんですが、猫の寿命と自分の年齢を考えたときに、あんまり先延ばしにもできないぞ、と一念発起しました。(;^_^A

      ごまめの名前は、お迎えする前に顔写真を見ていて、「この顔は濁点だな……」というインスピレーションがあったのが出発点でした(笑)。
      まぁウチの子は全員濁点ついてるんですが、そんなファニーな感じの顔がどうにも好きな我が家です。

      今後とも、三亀と一猫をよろしくお願いします。(^^)/

メールアドレスが公開されることはありません。