ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

歌舞伎役者のような見得切り!

先日、夜になって消灯しようと亀たちの様子を見に行ったところ、よもぎが水槽の底を熱心に嗅いでおりました。

またう〇こでも食べてるのかと思いきや、鼻先には何やら黒いものが。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

水から出してみると、プラスチックでU字型の物体。これはもしや。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

改めてよもぎの水槽を確認。やはり。ヒーターカバーの留め具でした。

以前からよもぎがヒーター本体やコードを噛んでいる様子は目撃していましたが、柔軟性もある箇所なので壊れることはありませんでした。ここに来て、まさか急所と言える場所をピンポイントで狙ってくるとは。これは油断ができなくなってきました。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

よもぎはこれまでもフィルターのモーターや植木鉢、そしてプラスチック製の水草まで、水槽の中にあるものは全て噛んできています。くちばしを削るためなのか、あるいは単純に食いしん坊だからかは分かりません。

しかし、よもぎの水槽の中に入れるからには、すべからく噛む前提で考えなくてはいけない。すると選択肢が恐ろしく減ってしまうので、いつも悩みの種なのです。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

鋭い眼光

ヒーターカバーの留め具はまだあと三か所残ってはいますが、何かの拍子に外れることがないとも言えず、ひとまずあずきの同型のヒーターと入れ替えることにしました。それも時間の問題かもしれませんが……。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

腕白が過ぎるウチの次男坊。おそらく三匹の中で最も好奇心が旺盛で、良くも悪くも無邪気な子です。

「おはぎさんは食べられないらしい」と最近ようやく分かってくれたようですが、まだまだ噛んで確かめる実践派な性格は変わらない模様。

どこかに、よもぎが噛んでも壊れないし怪我もしないヒーターはないものでしょうかねぇ。

 

▼ウチのヒーターはこのタイプ。

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ:
お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!