IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

小さいもの競争。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

先週は体重、今週は甲長の話。

下の二匹は体重を測るだけで苦労するので、甲長は1週間後になってしまいました。

まずはおはぎさん、14センチ(480.0グラム)。1年前から変化なし。すっかり大人の亀ですね。最近は朝食後、誰もいない壁に向かって一生懸命泳いでいる姿を見ます。体重が4グラムしか増えてないところを見ると、おはぎなりに運動ができているのかもしれません。

続いてよもぎ、12センチ(356.5グラム)。こちらも変わらず。何度も書いてますが、小さい頃から甲羅の成長が遅かったよもぎも、いよいよ甲長が上限まで来たようです。それでいて体重が24グラム増えたので、これからは小さな甲羅から溢れないように気を付けていかないといけません。

最後にあずき、11.5センチ(297.0グラム)。一年で1センチ伸びました。よもぎとの差、たった0.5センチ。あずきは頭も小さいし手足も短いので、並べるとまだまだ小ぶり見えますが、このまま行けばよもぎを抜くかもしれません。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」と「あずき」

あずきは手前です。

三きょうだいの「年齢順に大中小」の関係が、近く崩れることになるんでしょうか。とは言え全力で食べて動きまくるよもぎを抜くのは、やっぱり難しい気もします。もちろん、あずきがまだまだ成長するというなら大歓迎ですけどね。

上の二匹の成長が止まり、あずきももうそろそろでしょう。その後は家族みんな、太り過ぎてないか確認するべく体重を測ることになるわけです。それはそれで寂しいものですが、「親離れ」しない亀との暮らしが第二幕に入るとも言えますね。

 

過保護なくして親離れはない
過保護なくして親離れはない
どうしよう、ウチは過保護かも。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“小さいもの競争。” への4件のフィードバック

  1. すみこ より:

    おはようございます♪
    新春身体測定、IHANOYAさん家にならって我が家も初めて行ってみました。
    結果は甲長14㌢、体重500㌘。
    てっきり15㌢だと思っていた甲長も意外でしたが体重500㌘って…思わず声が漏れました(ノω・、)
    足の付け根はちゃんとくぼんでいるのに。厚み6.5㌢がきいているのでしょうか。
    これを機会に新調した、おフランス製のモジー専用体重計が今後も活躍することは間違いなさそうです(笑)

    • IHANOYA より:

      おお、モジーさん、おはぎとほぼ同じ大きさですね。(*^▽^*)
      並べると兄弟みたいな感じに見えるでしょうか。

      性別と関係あるかは諸説あってよく分かりませんが、
      やっぱり「大きいタイプ」と「小さいタイプ」が
      いるのかなぁ……なんて素人考えで漠然と思ったりしてます。
      その意味では、ウチは大が1に小が2の感じ。

      おはぎを持ち上げると、いつもズッシリとしていて下の二匹とは別格の重量感。
      造りのガッシリした甲羅も重さに貢献しているんでしょうね。

  2. マロン より:

    こんばんわ!
    うちも何年ぶりかに測ってみましたら、甲長14㎝でした(^-^)
    おはぎちゃん、モジーちゃんの仲間入りが出来るかなというかんじです。
    わが家へ来たときは500円玉ほどの大きさだったのに、こんなに大きくなってくれて
    本当に嬉しい気持ちでいっぱいです♡
    最近は、夕ご飯の前と朝しか動き回る姿を見れません(真夜中に遊んでます)
    毎朝その姿を見ながらの朝食が今の楽しみです♡

    • IHANOYA より:

      14センチ3きょうだいですね(笑)。
      これからミシシッピニオイガメを飼おうとしている人が3匹のそろい踏みを見たら、
      平均は12センチくらいと聞いていたのにと、ビックリされるかもしれません。(^^;
      大きくなってくれたら、それはそれで嬉しいもんです。

      ウチも、食卓からはあずきだけが見えるんですが、
      元気に動き回ったり、眠そうにしている様子を堪能しながら
      ご飯を食べています(笑)。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です