二年連続うどんの国へ。

栗林公園

まさかの二年連続。

先週末のことになりますが、讃岐うどんを食べに香川を訪れました。恒例行事の小旅行、今年はどこに行きたいかと考えたとき、夫婦で一致したのが「今年も香川」だったわけです。恐るべし香川、そして讃岐うどん。

栗林公園

切ない話ではありますが、寄る年波には勝てず、年々食べられる量が減っている実感があります。「うどん巡礼」などと言いつつも、もはや一日三軒が限界。そこで今年は腹ごなしに観光でもしようかと、初めて栗林公園を訪れてみました。なんでも、香川県内有数の亀スポットなんだそうです。

栗林公園の亀

広い(広すぎる)園内にはいくつも池があり、そこかしこに亀の姿を見つけることができます。

栗林公園の亀

この日はクサガメと出会えたんですが、なかでも頭の大きい子の可愛さったらなかったです。どこまでが頭でどこからが甲羅か分からないくらいの大きさでしてね。それだけに顔の圧がすごい。巨大な顔がクソ真面目な表情でズンズン近づいてきて、思わず吹き出してしまいました。

栗林公園の亀
栗林公園の亀

オスもかわいい

別の池でも頭の大きな子に出会いまして、まさか同じ亀かと驚いたんですけど、物理的に無理な移動距離でした。この公園はデカ頭さんの宝庫ですね。いつか再訪することを夫婦で決めました。

栗林公園のすっぽん

すっぽんもたくさんいました

この池の亀たちは幸せですね。自然に近い広大な環境で、とくに天敵もおらず、のんびりと暮らしているように見えます。このところ亀を見ると、その環境の厳しさに辛い気持ちになることも多かったですが、この日は本当に穏やかな気持ちになれました。

もちろん、本題のうどんもしっかり。

セルフうどんおかだ

セルフうどんおかだ

手打ちうどん田村

手打ちうどん田村

今年は「洗練された都会のうどん」と「素朴な田舎のうどん」を食べ比べることができて勉強になりました。あと、「おか泉」グループの二軒をハシゴして、すっかりそのファンになりましたね。

濱野の釜玉ラーメン

うどんだけでなく、「釜玉ラーメン」なんていう異色作を織り交ぜてみたりと、今年の香川旅行は思い出に残る出来事が多くありました。さすがに来年は無理だと思いますが、またすぐに訪れたいと思っています。

さて家路につき、途端に心配になるのは我が家の亀たちのこと。幸い、三匹ともお留守番をしっかりと務めてくれていました。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

どんちゃん

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

よもも

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずきのお尻(熟睡中)

お土産はないけれど、代わりに明日は「僕の誕生日のお呼ばれ」で三匹もごちそうです。

 

▼ 自分土産はプシプシーナ珈琲さんのショウガトウ。コーヒーもおすすめ。

記事データ

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメント

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“二年連続うどんの国へ。” への2件のフィードバック

  1. すみこ より:

    おはようございます。
    IHANOYAさんお誕生日おめでとうございます♪
    自然で暮らす亀を見ると救われますね。
    私も2ヶ月前に愛車で大阪に小旅行した時に、天王寺公園で亀を見てきました。広い池で気持ち良さげに泳いでいるのを見た時は、ずっとこの環境を守って欲しいと思いました。

    • IHANOYA より:

      ありがとうございます。( ̄▽ ̄)

      最近は旅の目的の半分くらいが「亀を見ること」になっている気がします(笑)。
      それでなくても、きれいな小川を見るたび「ウチの子たちを泳がせたら喜ぶかな」
      などと考えてしまいます。(;^_^A
      旅の楽しみが一つ増えた気がしますね。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です