三亀も梅雨明け。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

ようやくです。

こちら近畿では昨日になってようやく梅雨が明けたとのこと。ただでさえ雨ばかりの梅雨らしい梅雨だったのに、こうも長いと心底うんざりです。個人的に夏は苦手な季節ですが、雨が続くよりはよっぽどマシですね。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

さて、タイミングを合わせたかのように、いい塩梅になってきたのがウチの亀たちです。

よもぎはコンスタントにレプトミンを食べるようになっています。まだ食いつきは良くなく渋々といった様子ですが、とりあえず完食はしています。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

う〇このほうもラスボスとまではいかないものの、サイズも回数もひところに比べてアップしております。このまま順調にいってくれれば、あと一息でトンネルを抜けそうですね。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

植木鉢の向きがおかしい

おはぎさんもレプトミンに対する態度が変わってきました。一時期はもう、レプトミンを見るや否や落胆の表情で、遊び食べのようにボロボロこぼしながら不真面目な態度で食べていたんです。

それが最近はレプトミンを見てすぐに食いつくようになりました。何か知りませんが、わだかまりが消えたようです。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずきの植木鉢着こなしモード

夏のあずきの食欲にはちょっとびっくりします。いつもがクールなだけに、熱い視線でこちらに訴えてくる姿はこの時期だけの貴重な光景。その勢いのままレプトミンにも食いつくのですが、たいてい三粒ほど食べたところでピタッと静止し、そのまま食べるのをやめてしまいます。気が変わったんですかね。

そうやっていつも「お残し」をするんですが、昼頃には食べかすをすべて回収し、きれいに完食してくれています。自分の食べたいときに食べたいだけ食べる、おひめさまのプライドといっていいでしょう。好きにしてください。

そんなわけで、三匹とも調子が上向いてきた我が家の亀たち。しかしもうあと二週間もすれば京都は「五山の送り火」で、いよいよ夏も終わりです。短いなぁ、今年の夏。

最後に動画をどうぞ。僕が近づいてきたので、エサかと思って甲羅干しを中断するよもぎの慌てっぷりです。

 

▼ 今年は気候も変。

記事データ

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメント

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“三亀も梅雨明け。” への11件のフィードバック

  1. すみこ より:

    こんにちわ♪
    よ、よもちゃん、挟まっていますよ…
    と思いきや、立て直すのも手馴れたものですね。
    こちらも梅雨が明けてモジーの顔が晴れやかになった気がします(笑)
    こちらはエアコンを何度設定にして出掛けるべきか毎朝悩む日々が始まりましたが(^_^;)
    熱中症に気を付けて、短い夏をお過ごし下さい。

    • IHANOYA より:

      動画を撮りながら、何度か手を貸そうかと思ったんですが、
      ガマンしました(笑)。
      なんとか一人で体勢を立て直せてホッとしました。(;^_^A
      我が家は亀部屋を移してから初めての夏ということで、
      昨年よりも不安が大きく、エアコンの出番が多くなりそうです。
      モジーさん、夏を満喫されるといいですね~。( *´艸`)

  2. おこめ より:

    様子を伺うよもぎちゃん、可愛いですね。
    うちの亀だと多分そのまま慌てふためいて水中にドボンなので体勢を立て直す落ち着きぶりには感服です(笑)
    私の町も時折最高気温ランキングに顔を出す暑さなのですが京都の夏はまた一段と暑い印象があります。
    お互いに熱中症には気をつけて夏を楽しみましょう^^

    • IHANOYA より:

      よもぎ、なんとかパニックにならずに持ち直してくれました。(;^ω^)
      ただ、おくつろぎのところ悪いことしたなーと反省しています(笑)。

      京都の夏は気温に出てくる数字とはまた違う暑さ……らしいですね。
      滋賀で一年と少し暮らしましたが、確かにあの夏はまだ爽やかでした。
      今年はただでさえ暑いところにマスク着用ですから、
      熱中症になる人も多いはず……、なんとか亀ともども乗り越えましょう!(^-^)

  3. めめこ より:

    こんにちは!はじめまして!
    以前からみさせて頂いています、ミシシッピニオイガメ1歳(多分メス)を飼っているめめこと申します。
    去年の6月頃生まれの9月から一緒に住んでいます。
    ここのブログをみさせて頂いて、ミシシッピニオイガメを飼おうと思いました(^o^)
    今回図々しく質問をさせて頂きたくご教授頂ければと思いコメントしています。
    亀さんには朝夜の2回沈下性人工餌のカメプロス(小)を15粒ほどあげているのですが、昨日あたりからご飯を食べなくなりました(T_T)
    フィルターは設置しており、だいたい3.4日に一回全水換え、砂利は敷いていません。
    水温は23℃ぐらいです。
    餌くれダンスは激しく、見た目元気いっぱいで特に口が開いているとか、目が腫れているなどの外見に異常が見られず、なぜかと頭を抱えています。
    便秘を疑いましたが、出ているようです。
    餌くれダンスするのにご飯を食べないのは、今のご飯が飽きたのか、他に考えられる点はありますでしょうか?
    拙い文章で長々とすみません。
    お時間ある時で大丈夫なのでお返事頂ければと思います。
    勝手ですみません。
    よろしくお願い致します。

    • IHANOYA より:

      めめこさん、はじめまして!
      コメントいただき、ありがとうございます。
      ウチのブログがミシニさんを迎えるきっかけに
      なったなんて感激です。(T_T)

      さて食欲の件ですが、お伺いしたなかでは
      水温がちょっと低いのが気になります……。
      ミシシッピニオイガメの適温は26℃から28℃ですので、
      一度ヒーターで水を温めてあげてください。(^-^)
      亀にとって1℃の差は結構大きいので、
      食べるようになるかもしれません。

      あと、エサに飽きたり好き嫌いが激しかったりというのは
      わりとよくあって、ウチの子の場合は合成飼料(人口餌)を
      しょっちゅう食べなくなります……。(-_-;)
      その場合はエサを変えてみるか、もう一度食べるようになるまで
      気長に待つしかないかもしれません。

      また様子をお聞かせくださいね。
      これからもよろしくお願いします! (*^-^*)

      • めめこ より:

        さっそくのお返事感謝します!!
        ありがとうございます(T_T)
        もともと亀さんに愛着なかったのですが、このブログ見ているとみるみる内にたまらなくなって(*^_^*)

        ご指摘のあった温度は目から鱗でした!
        去年はつけていなかったエアコンをつけるようになって、23℃あるから大丈夫と思っていました(汗)
        亀さんからしたらそれだけでもしんどかったのに申し訳ないことをしていました。
        ヒーターを引っ張り出してきて今は30℃ぐらいになっています。
        まだご飯は鼻でつついて去っていってしまい、食べませんがこれで様子をみてみて、おやつとかご飯も違う物を買ってあげてみることにします!
        気長に待ってみます!
        また、コメントさせて頂くと思いますがこれからもよろしくお願い致します!

        • IHANOYA より:

          ご報告ありがとうございます。
          早くモリモリ食べてくれるようになるといいですね。(*^-^*)

          ウチは夏場にヒーターを外してますが、
          一年中ずっと付けておられる飼い主さんもおられるようです。
          26℃とか28℃に自動で調整してくれる「サーモスタット付き」の
          ヒーターもありますよ。(^-^)

          このさき暑い日が続きますんで、
          亀も飼い主も温度調整が難しいですね……。(;^_^A
          なんとかこの夏を乗り切っていきましょう。

  4. 後藤弥生 より:

    三亀さんとも、調子が良き様で安心です。
    よもちゃんの姿には、感服です(笑)
    いよいよ私達京都人にとっても厳しい夏本番ですねー(汗)
    毎日暑い。。。
    うちののぼるくんの食欲には参ります。私が普段座っている場所のすぐ横に水槽があるもので、うちにいる時はチョロチョロと落ち着きなく

  5. 後藤弥生 より:

    ついついこちらもご飯をちびちびあげてしまうので、ある意味私が違うもう一つの部屋に移動し静かにしております(笑)
    そうすると、、
    いつもの場所でブラブラぶら下がってリラックスしたり、寝たり、ペースを掴んでいる様子。
    コロナもまだまだ収束しないようなので、うちにいる機会が増えた私、のぼくんにストレスを与えていないかなど、心配してしまいます。

    • IHANOYA より:

      普段は亀の前に姿を現さないのが
      お互いに一番いいかもしれませんね。 (;^_^A
      すると、今度は音を立てて飼い主を呼ぶようになるので、ご注意を……(笑)。

      今年は祇園祭の山鉾巡行を見なかったせいで、
      イマイチ夏の実感がありません。
      それでも京都の夏は五山の送り火で終わるようなものですが、
      情緒的なものはともかく、暑さにはしばらく気を付けていきましょう。(^-^)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です