ヒーター、Wの悲劇。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

よもぎの甲羅をゴシゴシ。

口を開けて威嚇をしてますが、怒りのレベルはまだまだ控えめですね。寝起きなど本当に機嫌の悪いときは首を伸ばして指を噛んできます。これは「やめてほしい」くらいの心境でしょうか。とは言え、きれいな甲羅を守るためにはやめるわけにいかないので、奥さんが頑張って磨いてくれました。今日はそのときの様子をお見せしつつ、内容は別の話です。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

ひるまずゴシゴシ。

先月におはぎさんのヒーターを換えた話と、よもぎの水槽を換えた話をしましたね。なんでしょうか、こういうのって続くんですかね。またヒーターが壊れました。しかも同時に二つ

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずきの甲羅もゴシゴシ。

おはぎさんのヒーターは新品ですから、幸いまだ大丈夫です。それ以外の二匹の分がなぜか同時にダメになったんですよ。木曜の朝、あずきの水温は26度に届かず、よもぎに至っては23度台という有様でした。室温は18度くらいありましたから、急に極寒になったわけでもなし。
幸い二匹とも元気で食欲もしっかりありますが、やっぱり寝ている時間は多い様子。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずき、怒り心頭。

旧来のサーモスタットつきヒーターの予備があと一つはあるんですけど、さすがによもぎとあずきのどっちかを選ぶということもできないし、二匹同時に対処できる方法を考えないといけません。

ひとまず電気ストーブで室温を上げると、徐々に水温が上がってきました。これでしばらくはしのげそう。その間に新品のヒーターを注文です。

GEXのヒーター

ということで、翌日には到着。夫婦共働きだと通販の方が断然早いです。ありがたい。

この際、温度を自由に設定できるこちらのタイプで揃えることにしました。先日の記事で「順次こういうタイプに換えていきたい」とお話していましたけど、あれから一か月も経ってませんよ……。とほほ。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

おはぎさんももちろん磨きますよ。

ヒーターの故障は亀の健康状態に直結しますから、本当に肝を冷やしますね。予備は置いてあっても、二個同時のレアケースは想定外。でもそうは言ってられないのかなぁ。いやはや心配は尽きません。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

逃げようとするおはぎさん。

これでヒーターは三匹そろって新品になり、水槽もすべて令和製となりました。今年もあと一か月、これ以上何事もないままゴールテープを切れますように。

 

▼ 新しいヒーターで元気いっぱいです。

記事データ

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメント

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“ヒーター、Wの悲劇。” への4件のフィードバック

  1. おこめ より:

    かなり寒くなってきましたね(^_^;)
    我が家も亀の様子に変化がないかソワソワする毎日です。

    本音では安く無いんだし夏場は使ってないんだからもうちょっと長持ちしてくれよぉ…と言いたいところですが自然界では冬眠の季節、それに逆らって命を預かってるんだという使命感でお財布事情を納得させている私です(笑)

    • IHANOYA より:

      ヒーターはホントに音もなくアッサリと壊れますよね。(^_^;)
      それで健康状態に直結するもんだから、油断ができないです。
      しかし予備を二個も三個もとなると……、ということで翌日に届けてくれる通販様様です(笑)。

      おっしゃるとおり、ホントは寝てやり過ごす時期なんですよね。
      せめて冬を忘れるくらい、寒くないようにしてあげねば……と思います。(*^_^*)

  2. すみこ より:

    こんばんは。
    我が家は投げ込みフィルターのポンプが、怪しい動きを始めております。
    今はMAXの勢いでブクブクさせているのですが、微調整をすると時々止まったリします(^_^;)
    6年以上も使っているのですから仕方がありませんね。
    全てが消耗品だと思わなくては。
    ウチのコも甲羅磨きの時は、おはぎさんと一緒で首をすぼめます。何だかとても嬉しいです(*^^*)

    • IHANOYA より:

      おはぎさんが甲羅を磨かれるときは、完全に防御態勢ですね。よもぎのように威嚇したり、あずきのように蹴ってきたりせず(笑)、早く終わってほしいと念じながら、ひたすら耐えるといった感じです。(^_^;)
      モジーさんも同じ心境かもしれません。ビビり屋さんからすると相当怖い状況なんでしょうけど、それでも臭い匂いを出さないのは、あるていど信頼してくれている証拠でしょうか。

      そんなおはぎさんのフィルターも、上蓋を固定する爪が割れてまして、やや不安定な状態です(笑)。ここまで振り返ってみても、消耗品が消耗しながら、水槽環境がめくるめく移り変わっていったような印象です。(;^_^A

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です