ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

よもぎは水換えの様子が気になる。

さて、このところ京都では春を思わせる陽気が続いております。最高気温が16度なんて日もあるくらいで、少し前にこの冬初めての雪を見たのが嘘のよう。

我が家のミシシッピニオイガメたち

よもちゃん、そっち行っちゃダメよ

僕ら人間ですら春が近いことを感じるわけですから、季節の変化に敏感な亀たちはなおさらです。数日前から、エサくれの勢いがすごい。

我が家のミシシッピニオイガメたち

フットウォーマー大人気

よもぎはもう、エサくれダンスの途中で何もない空間を食べ始めたりしてます。好き嫌いはおろか、エサの有無すら関係ないんです。それとも幻覚が見えてるんでしょうか。ちょっと怖くなります。

我が家のミシシッピニオイガメたち

あずきは先に入ってます

ビビりが再発していたおはぎさんはと言うと、まだ完全復活とはいかない様子です。とは言え、ビビる回数は明らかに減りました。僕が前に座ると身構えることは多いですが、エサを見ると冷静になってくれます。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

どんちゃんはまた入れない……

そしてあずきですが、こちらはまだまだ気まぐれ屋さんですね。朝食は食べる時もあれば、食べない時もある。でも残しておいたら結局食べてるし、夕食も完食してる。相変わらずです。

ちなみに下の画像は今朝の様子ですが、朝食中に電池が切れてしまい、眠くなったようなのです。

レプトミンを二粒ほど食べたところで急に興味がなくなったかと思ったら、ブルブルっと首を振り、そそくさと植木鉢に戻っていきました。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

そしてじっくりと眠気が深まるのを待っています。半分寝ているので、もう目が合いません。このツンとした表情が憎たらしくも可愛いので、困ったものです。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

後で様子を見に行ったら、寝たまま大あくびをしていました。

このあとしばらくして起きたらしく、残しておいたレプトミンも完食。もちろん夕食の乾燥エビも完食。なんだかんだで、今日もしっかり食べたあずきです。

週明けからはどうやらまた寒くなる模様。季節の変わり目は、亀も人間も油断大敵です。何やら新たな肺炎も流行しているようですし、皆さんもどうぞお気をつけください。

 

▼ そろそろ観たくなる季節。

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!