ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

困ったもんです。

ヒーターを戻したあたりからでしょうか、レプトミンを食べてくれません。

どの子がと言うと、3匹みんなです。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

よもぎ、レプトミンを華麗にスルー

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

「これじゃなくてエビちょうだい!」

そう、みんな乾燥エビなら食べるんです。食べるんですと言うか、ものすごい勢いでガッつくんです。

でもレプトミンは食べてくれません。

よもぎはひょっとすると少し便秘気味かな、とは思います。毎日お通じはあるんですけど、以前に比べて量が少なくなってますね。このまま止まったりしないといいんですけれど。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

おはぎさんは気まぐれな偏食ですねぇ。毎朝激しくエサくれするんですけど、レプトミンを見た途端、あからさまにテンションが下がります。

奥さんがレプトミンを口元まで持っていったら、とりあえずは口に入れたとのこと。ただ、仕方なしという態度でボロボロとこぼしながら食べて、そのあと奥さんに熱い視線を送ってきたそうな。「エビなら食べるよ」ということでしょうか。

でも昼過ぎにはだいたい食べてくれてます。今のところ偏食より空腹に軍配が上がってますね。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずきは厳密に言うと、ずっとこうです。もとから気分屋さんですからね、食べたいときは食べる、食べたくないときは食べない。

完食する日もあれば、何粒か食べて飽きることもあります。昼過ぎにはなんだかんだで8割がた食べてるのは、おはぎさんと同じ。でもエビはキッチリ食べます。なんなら足りないとアピールもします。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

振り返ってみると、2年くらい前にも同じようなことがありました。このときは結局2週間かかったようです。

とりあえず3匹ともエビは食べてるわけですから、そこは安心。今回もひとまず様子見ですね。ただ、便秘症のよもぎだけは用心しておこうと思います。

 

▼偏食のきっかけは不明です……。

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!