ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

何度目かのチャレンジ。

先日、「昆布」の導入を断念したところではありますが、奥さんがさっそく次の候補を見つけました。

これです。乳幼児用のオモチャですね。噛んでも大丈夫なやつ。当然、よもぎが噛んでも大丈夫でしょう。よもぎのクチバシでは切れない固さと弾力があります。色合いも楽しいし。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

なんだこれは……。

よもぎは興味津々。色んな角度から凝視しています。部屋を散歩するときにカラフルな物への関心があるわけでもないんですが、水槽の中にあるとまた違う印象になるんでしょうね。警戒感かもしれませんが。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

とりあえず噛んでみました。しかし噛めない。クチバシが痛む固さでもないので、これはいけるかも……。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

ところが、アッサリ飽きたようです。もう、アッサリ。「なんだかよく分からないけど、敵じゃないらしい」ということが分かったので、ひとまず安心はした様子。あとは息継ぎで上に乗ったり、手を掛けたりしてくれたらいいんですが……。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

それよりも先に問題が発生しました。ボールだけに水槽の中を転がるんですが、こうして植木鉢にインしちゃうことがあるんですよね。ゲームだったら点が入るシーンなんですが、これじゃよもぎが入れない……。亀は押せても引っ張れないので、よもぎが自分で出すこともできません。盲点だなぁ。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

よもぎが植木鉢の中で安眠できなくなってもいけないので、結果としては今回も不採用となりました。水草とは違う視点からのアプローチで、いけそうな気がしたんですけどねぇ。残念。よもぎのオモチャ探しは今後も続きそうです。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

ちなみにボールはその後、水換え中のアスレチックに導入されました。よもぎも手を掛けたり頭を突っ込んだりしてくれているので、こちらの使い方のほうが活躍してくれそうです。めでたしめでたし……かな?

 

▼ 水草の代用品を探す旅は続きます。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ:
お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!