よもぎと夜な夜なスキンシップ。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

奥さんの膝でまったり。

よもぎがこのところ毎夜、部屋んぽをリクエストしてきます。あぁこの時期が来たなぁと、季節の移り変わりを実感しますね。温かい季節、それはなぜか便秘の季節。今年もまた、よもぎとう〇ことの戦いが始まりを告げようとしています。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

夜のよもぎはそこまで歩き回ることもなくて、とりあえず水から出せば満足してくれることもあります。そういうときは、奥さんの膝でまったり。テレビを眺めたり、奥さんの体をよじ登ったりして、ひととき二人と一匹でたわむれる楽しい時間になっています。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

奥さんはよもぎと練習を重ねてきたので、指で触れても嫌がることはほとんどありません。

ただ、嫌がらないどころか別の意味で興味を持ったのか、先日はクンクンと匂いを嗅いだ後、おもむろに奥さんの指を噛んできました。美味しい匂いでもしたんでしょうか。それとも、おはぎさんのときみたいにとりあえず食べられるかどうか確認しようとしたのかもしれません。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

何か?

甘噛み……というわけでもなくて、あとから少し腫れてきたようですが、出血は無くて一安心。ともあれ、よもぎは「とりあえず噛んで確かめる」というのが信条のようですね。今のところ未遂も含めてあずきだけが噛まれてませんが、よもぎが何やら配慮しているかどうかは不明です。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

便秘の心配だとか噛まれたショックとかはありつつも、よもぎが外に出るのに僕らを頼ってくれることはやっぱり嬉しいもんです。

実は今月から環境が変わりまして、自宅にいる時間もすっかり減ってしまいました。夜まで亀たちの顔を見られない日も珍しくありません。だからこそ、よもぎの方からスキンシップを図ってくれてるみたいで、今まで以上に大切な時間を過ごしてると思えるんですよね。

 

▼ あずきだけは噛みませんように。

記事データ
  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ: ,

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメント

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“よもぎと夜な夜なスキンシップ。” への2件のフィードバック

  1. すみこ より:

    おはようございます。
    よもちゃんは自分で創意工夫して体調管理をする子ですからきっと理由があるのでしょうね。
    ウチはここ暫くの間、カメプロスを食べなくなり、川エビしか手を出さなくなってしまいました。
    季節の変わり目、寒暖差で少し食欲に影響しているのかも知れません。
    夏が来たら、恐らく次は食べ過ぎに気を付けなければ(笑)

    • IHANOYA より:

      よもぎの部屋んぽリクエストは、このところ毎日23時頃に始まるので、夫婦とも少々困っています(笑)。早く落ち着いてくれるといいですけれど。(;^_^A

      よもぎはこの状況で、あずきもレプトミンの量が減ってます。モジーさんもエビオンリーとなれば、季節の変わり目を実感しますね……。さてゴールデンウィークと言えば、そろそろヒーターを外す時期ですが、依然食欲もりもりのおはぎさんはどうでしょうか……。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です