ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

初夏を満喫!

今年は春を感じる間もないまま、季節は初夏へ移りました。昨日からは夏を思わせる暑さになっています。そろそろヒーターを外すかどうか悩む頃合い。今のところは、どうせまた急に寒くなるんだと決めてかかってます。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

そんな中、よもぎは絶好調。

朝と夜の少なくとも1日2回、よもぎは水面を叩いて暴れます。「外で遊びたい」の合図です。

呼ばれた僕らはよもぎを持ち上げ、冬のあいだ出番のなかったアスレチックへ。そこでよもぎは無心に遊び、僕らはそれを横目に見つつ各々の用事を済ませる。そんな光景がこのところのルーティンになっています。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

30分ほどして、よもぎがビニールプールのへりを周回し始めると「飽きちゃった」のサイン。水槽に戻すとすっかり大人しくなり、夜ならそのまま寝てくれます。納得してくれたんでしょうかね。

そしてもう一つ、絶好調なものが。

便通です。う〇こが止まりません

多い時には1日4回。これがまた硬かったり量が多かったりと、毎回ボリュームがすごいのです。少し前までは定期的にやってくる便秘を恐れ、気を揉む日々でした。それが嘘のように、ここ一年近くは快調を保っています。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

何がきっかけだったのか、正直なところ分かりません。亀の部屋を変えてからはまだ半年くらいだし、エサも変えてない。6歳を過ぎ、よもぎの中で体質が変わってきたのでしょうか。

ここまで快調なのがずっと続くこともないでしょうけど、このまま便秘とサヨナラできれば言うことなしです。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

「よく食べ、よく出す」

便秘がちなよもぎの記事を書くたび、そう念じてきました。今はまさにその通り、よく食べ、よく動き、よく出すという好循環。ちょっと気になる前脚まわりのお肉も、これで少し減ってくれるでしょうか。

自宅暮らしで悶々とする僕らも負けてはいられません。目指せ好循環ですね。

 

▼ 有酸素よりもやっぱり筋トレですよ。

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!