ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

我が家の冬の風物詩。「床暖房の日」です。

ウチのリビングにはガス床暖房が備わっているんですが、実際のところ使うことはありません。それでもせっかく付いているものですし、いつか使うタイミングもあるかもしれない。その時に壊れていても困るので、念のため、年に一回試験運転をしています。

そこで最近は、その試験運転を亀たちの水替えのタイミングに合わせ、リビングじゅうを好きなように歩かせているんです。もちろん、入り込めそうな隙間には障害物を置いて、水替え作業は細心の注意を払いつつ進めます。

よもぎとあずきはリビングを大冒険。よもぎは奥さんの置いたスリッパのトラップにかかり、中にこもってしまいました。ぽかぽかの床の上に置かれたスリッパの中はぬっくぬく。引っ張ってもなかなか出てこず、少し焦る場面もあったり……。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずきは部屋の隅から隅まで猛スピードで移動。一番小さいだけに何度か見失ってしまい、探し出すのに苦労しました……。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

おはぎはいつも通り警戒して動きません。それでもあまりのぽかぽかっぷりに気も緩む。その場でジリジリとお尻を軸に360度回転して、ようやく動き出したのは、水替えが終わったタイミングでした。時すでに遅し……。

暖かい床の上、久しぶりの大冒険で亀たちもストレス発散できたでしょうか。床暖房は一日だけですけど(ガス代が心配なので)、冬の水替えは今年もなるべく暖かい環境でやっていこうと思います。

 

▼ このドラマ、大好きでした。あすかちゃん役の女優さんがぼちぼちアラサーとのことで愕然……。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!