ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

おはぎの出。

あずき水槽の上部フィルター化にあわせて、水槽の並びを変更しました。今回は部屋の手前から順におはぎ→よもぎ→あずきという並び。あずきの発病以来、久々におはぎがフロントになっております。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

呼んだ?

これまでおはぎとあずきとの間には目隠しを設けてありましたが、これはおはぎがあずきに威嚇されるのを防ぐため。よって、フロントになった暁には目隠しがとれて視界良好……とはいかず、ビビり症のおはぎがやや情緒不安定な素振りを見せたため、半分だけ隠すことになりました。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」
ミシシッピニオイガメの「おはぎ」
ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

結果、どうやらご機嫌の様子です。僕らもおはぎの様子をじっくり眺めるのは久しぶりのことで、なんだか少し懐かしい気もします。機嫌のいいときは、僕らの目を見つめてズンズン寄ってくるおはぎ。エサくれをするわけでもないのに、いったい何を求めて寄ってくるんだろう。それが、おはぎなりの愛情表現だったらいいなと思います。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

目隠しの横からひょいと飛び出す様子は、まるで舞台の袖のよう。僕らがリビングで食事をとり始めると、忘れてませんか?とばかりに視線の先で「どんちゃん劇場」が始まるのです。

 

▼ 観ていてまったく飽きません。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ:
お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!