おはぎの大発見。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

6年目の真実!?

おはぎさんが水換えを大の苦手としていることは、このブログで何度か書いてきました。水換え中はあまり動こうとしないのに、水槽に戻されるやいなや水を飛ばしまくるほど大暴れするんです。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

水換えというよりは、持ち上げられるのが怖いんでしょう。水から出されると完全防御態勢になるのは、ペットショップで初めて会ったときから変わりません。その様子が可愛くてお迎えしたんですけど、まさかここまでビビり屋さんだとは……。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

暴れることについてはもう半ばあきらめてたんですけど、先日ふと思い立ち、水槽に戻すときのやり方を変えてみたんです。

すると、なんと暴れない。

その時のやり方を再現してみました。下の動画にてどうぞ。

水に浸かったときは離せとばかりに暴れていますが、植木鉢の中に入れると途端に大人しくなりました。

「スッ」と擬音でも付きそうなくらい、切り替わりが早い。

おはぎさんの精神衛生上も良さそうなので、しばらくはこのやり方を続けていこうと思います。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

のっそりと植木鉢の向こうから出てきたおはぎさん。水から出されるのは嫌だけど、安心できる場所に戻してもらえて落ち着いた、というところでしょうか。

これまでは、嫌がるからなるべく早く手を離してあげようとしてきました。なので今回のようなやり方はあまり試したことがなかったんです。ただ、このやり方もすぐに通じなくなるかもしれません。おはぎさんは割と学習する子ですし。

しかし、6年経っても色々と工夫してみるもんです。いつかは僕らも亀たちも苦にならない水換えを実現したいですね。

 

▼ 日本史は好きだけど地図は読めない私です。

記事データ

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメント

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“おはぎの大発見。” への2件のフィードバック

  1. すみこ より:

    おはようございます♪
    お互いにストレスフリーで良い発見でしたね(*^^*)
    ウチでの永遠のテーマは「甲羅磨き」でしょうか。
    でも、4才にもなると流石に慣れてくれたのか、真ん中辺り以外はじっとしてくれています(笑)
    スポンジや洗顔用ブラシなど、試すこと10数回。今でも良いアイテムは無いかと日用品を買いに行くとつい目がいってしまいます(^_^;)

    • IHANOYA より:

      お返事遅くなりました(;^_^A
      あれから3回ほど水換えしてますが、相変わらず大人しくしてくれています。

      甲羅磨き、ウチでは奥さんがタオルでゴシゴシやってくれています(笑)。
      三匹とも嫌がりますが、とくによもぎが噛んでくるので怖いですね……。
      持ち上げた時点でどっちみち暴れますから、どこかに置いて固定できれば
      いいんですけど……。(;^ω^)

      モジーさん、真ん中以外は「仕方ない」って思ってくれてるんでしょうか。
      少し譲歩してくれる辺りが、大人の証ですね。(*^-^*)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です