ミシシッピニオイガメの「あずき」

まずはご報告から。

7月から絶食が続いていたあずきですが、8月15日に自分の力でレプトミンを食べられるようになり、以来少しずつですが、毎日食べています。だからと言って病気が治ったというわけではなく、変わらず栄養剤を併用し投薬も続いていますが、獣医からも「もう少しだけ頑張っていきましょう」との言葉をいただきました。あとひと踏ん張りです。

さて、ここからは7月初旬に遡ってのお話。

精密検査の結果が出たのは一週間後でした。細菌の中でもかなり強力なものだそうで、その日から薬も変わりました。処方された抗生物質は粉薬です。本来は錠剤とのことですが、あずきの小さな体ではまだ飲ませられないため、粉砕して飲ませることになりました。

この投薬というのが、意外と大変なのです。水に溶いた粉薬をシリンジ(針のない注射器)などで少しずつ口に投与するんですが、あずきが口を開けてくれません。美味しくないものを無理矢理飲まされてるわけですから、少ない体力を振り絞って拒否してきます。しかも、拒否するだけじゃなく吐き出したりもします。僕らとしては、余計な体力を使わせたくないので早く飲んでほしい。もちろんあずきの気持ちも分かる。でも、それじゃ効果がないからと心を鬼にして口を開けさせる。こんな格闘を、栄養剤だけの投与も含めれば一日10回近く繰り返します。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

それでも、あずきの体重は日に日に減っていきました。いつからか体が水に浮くようになり、上手く泳げずパニックを起こすようになりました。口内の膿は鼻の穴をふさぎ、呼吸にも支障が出ています。口を少し開けて肩を揺らし、苦しそうに息をする姿は痛々しくて見ていられませんでした。

動物病院で週1~2回診察を受けていますが、体が小さいあずきに劇薬はありません。辛抱強く投薬を続け、体力の回復を待つしかないんです。

獣医からはいつも、「この子が回復のきっかけをつかむのを信じて頑張りましょう」と言葉を掛けられました。さらに「秋には亀の体力がガクンと落ちる」とも教わりました。まだあずきは回復のきっかけすらつかんでない。夏はいつまで続いてくれるんだろうか。今年ほど、夏が終わってほしくないと思ったこともありませんでした。

 

▼ 投薬の仕方は工夫を重ね、今は写真の時とは違うやり方になっています。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!