ミシシッピニオイガメの「あずき」

五山の送り火も終わり、季節は秋です。

少し前から、あずきの爪が長いことを奥さんが気にしていました。

我が家ではまだ亀の爪を切ったことがありません。おはぎにしてもよもぎにしても、植木鉢を登ったりすることで自然に削れているようなのです。あずきはと言うと、残念ながら滅多に植木鉢には登ってくれません。

亀の爪切りは家庭でできないわけじゃないですけど、できればやりたくないのが本音。うまく出来る自信もないし、亀のストレスも相当だし、体の小さいミシニは爪も小さいし。

そこで奥さんは考えました。「登ってくれないなら、邪魔になるところに置いてみよう」と。あずきがどうしても植木鉢に触れないといけない状況を作ろうということです。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

そうして置かれた、小さな植木鉢のかけら。

せっかく広くなった水槽を狭くしちゃうのもかわいそうかな、ということで、まずはこのサイズから始めました。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

当初は警戒している様子だったものの、三日後ぐらいにはご覧の通り。寄り添って眠るまでに馴染んでくれたようです。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

狙い通り「邪魔」だと思ってくれたみたいで、あっという間におかしな向きになってました。片手を置いて息継ぎしたりして、余裕のよっちゃん。

ミシシッピニオイガメの「あずき」ミシシッピニオイガメの「あずき」

そうそう隠れんぼしたりしてね、おひめさまの可愛いところも見せちゃったりなんかして。

……いやいや、そうじゃない。

つかまったり登ったりしてくれないと、爪がさっぱり削れんじゃないか。

ということで、次はもうちょっと大きい障害物を置いてみようと思います。

来週に続く。

 

▼ 近ごろ購入を検討している水槽用の棚。

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!
▼ 犬猫以外もOKとのこと。ちょっと気になる。
▼ 犬猫以外もOKとのこと。ちょっと気になる。