IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

哲学の道に涼を求めて。

クソ暑いなか、またしても外に出ました。今度は京都。哲学の道です。

哲学の道と言えば桜の名所で、こんな季節に行っても見るべきものは何にもないです。というのも、今日の僕らの目的はどちらかと言うまでもなく「銀閣寺キャンデー店」でして、哲学の道の方はついでに寄った感じなのでした。

それでも、そよそよと控えめに流れる川を眺めつつ、すれ違う人のいない小路を歩いていると、ちょっとだけ涼を感じることができます。まぁ、ほんのちょっとだけですけど。日陰限定ですけど。

そういえば、前に一人でここに来たときも、五月末というオフシーズンに来てますね。綺麗だと分かっていても、混み方が分かっているだけに、桜の季節には来ることはないんだと思います…。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:日々の暮らし
  • 関連するタグ:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です