ミシシッピニオイガメの「あずき」

投薬終了から2週間経過。

おかげさまで、あずきは元気にしています。このところ肩のお肉が立派になってきたようですし、う○こもややユルい気がするので、少しだけエサを減らしております。非常に不満そうですが、今後の様子を見ながらという感じでしょうか。

さて、あずきが闘病真っ最中の頃、現実逃避的に過去の記事を読み返すことがよくありました。元気だった頃の姿を見ると胸が苦しくなったんですが、同時に、もう一度元気にしてあげたいという気持ちにもなります。

合わせて、おはぎがやってきた頃の記事には、新鮮な驚きがありました。今の気持ちと全然違うんです。例えば、初めておはぎをお披露目した「我が家にもウェルかめ。」という記事。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

“でも亀なら違う。うまく育てることができれば10年、運がよければ30年くらいは生きてくれるそうですし。高い確率で飼い主が先に逝くということがありえるわけです。ならまぁちょっとは安心かな”

こんなことを書いていました。今となってはちょっと考えられないですね。

寿命の長さって、関係ないなぁと。10年であろうが、30年であろうが、いつ死なれても悲しいものは悲しい。ましてや、自分たちが先に死んでしまったところで、その後の亀たちのことはどうするのか。誰にお願いできるかなんて心配し始めると、おちおち死んでられません。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

“このタイミングで飼うことになったのも勢いみたいなもんでしたし、この種の亀になったのも偶然でした。ただ、勢いで動物を飼うというのは決していいことではないです。”

こんなことも書いてました。ザッツ無計画。ただ現在は、勢いで動物を飼うのが必ずしも悪いこととは思ってないです。売れ残ったり捨てられたりした動物たちが減るなら素晴らしいこと。始まりが無計画であっても、責任をもって育てるなら問題ない。動物と暮らすというのは、その愛おしさや命のはかなさを経験する貴重な機会です。「勢いみたいなもん」であっても、三匹の亀を迎えて本当によかった。

ウチに亀が来てまだ4年。いや、もう4年。物言わぬ亀から色々なことを教わってきたのだと実感しています。

 

▼ 亀の本を定期的に読み返すのも、新しい発見があります。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!