ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

まさかの続編。

コロナ騒動以降、いまだに在宅ワークが続いております。とは言え、亀たちの水温を見てエアコンを入れるタイミングを日々調整できるので、むしろ好都合なのです。

ある日、そろそろエアコンの頃合いかなと亀部屋に入ったところ、上の光景が目に入りました。水槽から半身を出して、物思いにふけるふうのおはぎさん。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

最初は、また脱走の現行犯を目撃したのかなと思ったんですよね。

しかし悪びれた様子もないし、おはぎさんにしては警戒している感じもないので、しばらく様子を見ることにしました。

ところでこれはどういう体勢なんでしょう。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

なんと、立ってますね。二本足でロカボーイの上に立ってます。この前は甲羅に載せてたロカボーイ、今度は踏み台にしてますね。

しかしこのアングルから見ると、なんとも心地よさそうな雰囲気。よもぎが植木鉢に腰掛けてるときみたいな、のどかな風景です。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

よく見れば、ロカボーイの泡がジャグジーよろしく腹甲に当たっているのでした。どこまで感覚があるのか分かりませんが、まるでマッサージのよう。ひょっとするとこの姿勢、ホントに気持ちいいのかもしれません。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

なんて、まじまじ見ていたら、おはぎさんは首を引っ込めちゃいました。ちょっと鬱陶しかったですね。とりあえずそのままにして部屋を出ましたが、後から自分で水に戻ったようです。

思いのほか水温が高くて、ちょっと涼んでいたのかもしれません。うっかり落ちてはいけませんから、もうしばらく水温に気を付けていかなくてはいけないですね。

それでは最後に、おはぎさんの様子を動画でご確認ください。

 

▼ あなたもおはぎ気分。

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!