ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

このところ、食欲が暴走気味。

よもぎは水草に乗って過ごすのが習慣です。水草の葉の上でプカプカと揺られながら、息継ぎもお昼寝も思いのまま。そもそも、水草は僕らが水槽の彩りのために入れたもの。それを心地よさそうに使いこなしてくれている姿は、微笑ましくも頼もしくもありました。

ただ、どうしても気になっていたことが、ひとつ。

最近、水草の葉のフチがガッタガタになっているんです。おそらくは、お腹が空いた時にガジガジかじっていたんでしょう。まぁよもぎだから仕方ない、プラスチック製だから千切れることもないだろう……と思ってました。ところが最近になって、う○この中から鮮やかな緑色の何かがコンニチワするようになってしまいまして。

このままプラスチックを食べさせるわけにはいかないし、かと言ってごはんをお腹一杯食べさせてたら太るいっぽう。仕方なく、水草は撤去することになりました。プカプカ浮かぶ姿は愛らしかったんですけどねぇ……残念です。

よく見ると、あずきの水草にも噛んだ後があったので、こちらも撤去しておきました。ということで、3匹とも今は植木鉢だけが置かれた殺風景な水槽。とりあえず、食欲が旺盛な夏が過ぎるまで、このまま過ごさせてみます。

 

▼ 今度は植木鉢を食べ始めないか心配です。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ:
お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!