ミシシッピニオイガメの「おはぎ」と「あずき」

おはぎと丸いお尻。

朝、奥さんが亀の部屋の扉を開けると、ずいぶんと成長したあずきと目が合いました。じゃなくておはぎでした。

またしても夜中に隣の水槽へお邪魔したらしいおはぎ。明るいうちは水槽を乗り越える仕草なんて見せないのに、どういうわけか夜中になると脱走を図ります。とはいえ、おそらくは脱走したくて脱走してるのではないんでしょう。それというのも、お邪魔した先ではたいてい居心地悪そうに縮こまっているからです。

いつもなら嫌がるのに、この時ばかりは大人しく持ち上げられて、大人しく自分の水槽に戻されます。もちろんその後も暴れたりしません。反省しているのか、安心しているのか……。

我が家では、紫外線ライトを広範囲に照射するべく水槽にフタをしていません。また、網などを載せるのは保温電球で加熱されかねないので見送りました。よもぎは植木鉢に座り、水槽から顔を出して眠る習慣になっているので、我が家はきっとこのままフタをしないでしょう。ただ、今のところおはぎもあずきもケガをしてないものの、このまま放っておくわけにもいきません……。

これはどうやら、またしてもレイアウト変更のタイミングが来たのかもしれませんね。

さて、今日もGIFアニメを載せました。あんなに大きなものが降ってきたのに、やっぱり強いのは末っ子の方です。

 

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」と「あずき」

 

▼ これ貼るの何回目だろう。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!