ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

今日は水替えの日。

いつものようにタオルに載せられ、リビングに放置されたおはぎさん。最近ようやくこのシチュエーションにも慣れてきたご様子。以前なら、このまま水替えが終わるまでジッとしているだけでしたが、今日は周囲を見回し、動くチャンスをうかがっています。なにせ周りを小さい2匹がウロウロ歩いているので、こんな中央にいては安心できません。

まずは下をのぞき込んで、足場の高さをチェック。隣の水槽にはダイブするのに、こういう時だけ慎重です。載せられたタオルの厚さは5ミリくらい。だいじょうぶ。ついでに床の温度も手で触って確認。だいじょうぶ。

そーっと動き始めるおはぎさん。他の子が視界に入ると止まり、僕や奥さんが近づいても止まる。ひとり「だるまさんがころんだ」状態。そうして少しずつ少しずつ、3mほど歩いてたどり着いたのは部屋の隅でした。

家具と壁の間に頭を突っ込んだおはぎさん。安心したのか、そのまま動かなくなりました。頭しか隠れてないけど、お尻とか全部出てるけど、とにかくここが安住の地。しかし、

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

おはぎー!後ろ後ろー!

迫りくるピンク。おはぎに安息は訪れないのでした……。

水替え中の放し飼いを始めて半年近く。おはぎなりに打開策を考えている模様ですが、どこにも安住の地はありません。そして今日もまた、水槽に戻されたおはぎは怒りをあらわにして暴れるのでした。

 

▼ さながらおはぎの「出エジプト記」。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ: ,
お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!