松尾大社

お礼参りに伺いました。

京都市の西にある松尾大社は、お酒の神様として有名な神社。また、亀を神使(しんし)としていることから亀好きには注目のスポットでもあります。

松尾大社

昨夏、あずきの大病が真っ盛りの頃、こちらに初めてお参りしました。我が家は氏子の地域にありながら、不思議とこれまで足を踏み入れたことがなかったんです。
おかげさまであずきは快復しまして、今日こうして戻ってくることができました。これからは亀たちの平穏無事を願って、毎年夏にお参りすることにします。

松尾大社

昨年は「病気平癒」のお守りでしたが、今年は「厄除け」。絵馬は今年も奉納してきました。そして「御神水」ですが、これは境内の奥にある「亀の井(かめのい)」という場所から湧き出ている水です。その場所というのが、

松尾大社

こんな所でして、あずき似のムッチリした子が、「ほれ受け取れ」みたいな顔で水を出してくれています。境内にはここ以外にも至る所に亀の像があり、亀好きはそれを探し回るだけでも楽しいはず。

ところで今日のあずきは朝から元気いっぱい。フィルターのモーターの隙間を強引に行ったり来たり、朝食はクレクレも激しく、ガツガツ食べました。印象としては、今年一番の元気よさだったかもしれません。7月4日で4歳になりますが、今年は無事に誕生日を迎えてほしいものです。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

さて、今日は水を張ったビニールプールで三亀を遊ばせたんですが、いただいてきた御神水も加えて、神聖なお水で泳いでもらいました。しかし三亀は相変わらずの様子。短い動画を貼っておきます。

 

強引にクンクンしていたら、あずきにシバかれたよもぎです。下の方で固まってるのはおはぎ。こちらもさんざん顔をクンクンされてしまいました。結局よもぎはすぐに別の場所へ移すことに。三匹一緒の光景が見られるのは、ホントにわずかな時間だけです。

 

▼ この時期は人も少なくて、とてもいいです。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!