ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

8月最後の週末です。

今週、奥さんの友達が我が家を訪れました。亀たちにとっては、僕ら以外の人と会うのは滅多にないこと。特に、あずきにとっては初めての来客になります。僕はその場にいなかったのですが、亀たちの様子を後から奥さんに聞きました。

前回の来客は2年半前。僕の母親が訪れた時でした。おはぎがウチに来て4か月、よもぎに至っては1か月しか経っていない頃で、まだまだ子亀の時代。当時、よもぎはいつもと変わらない様子だったものの、おはぎは戸惑った様子を見せていて、僕ら夫婦の顔を認識してくれているんだなぁと感激したものです。さて、今回はいかに。

■おはぎ
今回も戸惑ってたそうです。「エサをもらえるかもしれない、でも知らない人がいる、でもエサをもらえるかも……」という葛藤がそのまま行動に表れてしまい、前進したり後進したりを繰り返していた模様。おやつのエビは、ちょっとだけ口にしてやめたそうです。

■よもぎ
前回の来客時に「いつも通り」だったのは、子亀だからとかそういうのじゃありませんでした。誰でもウェルカム、隙あらばエサ、という勢いで分け隔てないエサくれアピールを全開。お友達がエビをくれた箸に噛みついて釣られてしまい、かえって怖がられたとのこと……。もちろん、いただいたエビは全部おいしくいただきました。

■あずき
初めての来客に一番警戒していたのはこの子だったそうです。いつもは強気な末っ子も、実は内弁慶。エビを目にしても一切寄って来ようとせず、何も食べなかったとのこと。ただ、元々が気分屋さんなので、機嫌が悪かったかあるいは単に眠かったのかもしれません。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

よもぎのように人懐っこい子は、お客さんに喜んでもらえて誇らしい反面、「亀専門の誘拐犯が来たら、簡単についていくんじゃないか……」と余計な不安が生まれます。
一方で、おはぎやあずきのように警戒心の強い子については、お客さんに申し訳ない反面、僕ら夫婦とそれ以外の人たちを明確に区別してるんだな、と分かってとても嬉しかったりするんです。

愛情表現の乏しい亀たちと暮らしている中で、こういう時に感じられる「家族としての連帯感」みたいなものは、2年半経ってもやっぱり新鮮な経験です。

 

▼ 僕自身が強烈な「人見知り」なので、あまり亀たちのことを偉そうには言えません……。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!