須磨海浜水族園の亀楽園

右を向いても亀、左を向いても亀。

ちょっと遠出して、数年ぶりに須磨海浜水族園へ行ってきました。京都からは車で1時間少々。梅雨にしては珍しく、さわやかな好天で絶好のお出かけ日和。

須磨海浜水族園

お目当ては亀楽園。自然環境下で捕獲されたり、飼えなくなったりした亀たちが集められている施設です。8割くらいがアカミミ、残りがクサガメといった割合でしょうか。それほど広くないスペースに、ギュウギュウ詰めになって過ごしていました。

須磨海浜水族園の亀楽園

卵を産むための区画や、子亀ばかり集められている区画もあり、繁殖は自然に任せているように見えます。
昨今、外来種として何かと目の敵にされるミシシッピアカミミガメ。残酷な駆除方法がポジティブに語られるのを見るにつけ、一人の亀好きとしては心底うんざりするばかりです。それを思えば、ここに来た経緯はどうであれ、今はここにいる方が安全でしょう。ミシシッピアカミミガメにとって、ここは本当の意味で「楽園」になってしまいました。

須磨海浜水族園の亀楽園

一方、「守られるべき存在」のニホンイシガメは室内の水槽で飼育されています。それ以外にも様々な亀を見ることができて亀好きにはかなり楽しい水族館なんですが、なんと、こんなに身近な子までいるんです。

須磨海浜水族園

カブトニオイガメ。惜しい。ほとんど兄弟みたいな関係なのに、ミシシッピニオイガメはいませんでした。

須磨海浜水族園

そのカブニもたった1匹。しかも砂に潜って見えません。なお、睡眠中ですのでご心配なく。このあとちゃんと顔を出してました。こんなことできるんですね。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

帰宅して3匹の顔を見ると、いつにも増して責任のようなものを感じます。ミシシッピアカミミガメもイシガメも、そしてこのミシシッピニオイガメも同じ亀。今こうして手元にある命を大事にしていかなくては。

よもぎの便秘はこのところ快復傾向。まだラスボスっぽいヤツは来ていないと思いますが、金曜日からはレプトミンも食べるようになりました。

ちなみに、あずきの発病からもうすぐ1年。これから毎年、この時期は亀たちの健康に思いを馳せることが多くなりそうな予感がします。

 

▼ 少しでも多くの亀が救われますように。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!