ミシシッピニオイガメの「あずき」

言うことを聞きません。

おかげさまでおはぎのビビりはだいぶマシになってきまして、まだ身構えることはありますが、ここ数日は朝夕のエサも問題なく食べてくれております。

しかし困ったことに、今度はあずきの様子がおかしくなってきました。朝食のレプトミンをすんなり食べてくれません。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

朝はいつものようにエサくれをします。レプトミンも最初の2~3粒は普通に食べてくれます。ところが、すぐに食べるのをやめて離れて行ってしまうんです。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

それからは手招きしても、レプトミンを顔の近くに持って行ってもダメ。プイとそっぽを向いて、こちらにまったく無関心な素振りを見せます。それでも根気強くレプトミンを近づけてると気まぐれで食べてくれたりもするものの、さすがに平日の朝に辛抱強く付き合うのは大変なんですよね。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

で、結局あきらめて食べ残しを浮かべたまま家を出るんですけど、すると帰宅時にはすっかりなくなっていたりします。そして夕食の乾燥エビはすごい勢いで完食。

……要するにわがままなんです。今はあんまりレプトミンが好きじゃないんでしょう。

試しに奥さんが乾燥エビを一つ食べさせて、その後にレプトミンを口元に近づけてみたら、あずきはあっさりと食べてしまいました。まだまだお子様、ちょろいもんです。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずきはたまに情緒不安定になることがありますが、今回の原因は分かりません。部屋が変わって数か月経つし、便通もあります。乾燥エビは喜んで食べるので食欲はある。どうやらまたしばらく様子見となりそうです。

おはぎさんがマシになったかと思ったら、今度はあずきの番。隣り合わせの水槽で何かが伝染したのでしょうか。ともあれ、朝が忙しい僕らには大ダメージ。兄から妹へ、世話のかかるバトンタッチがされてしまいました。

 

▼ わがままに付き合うのも楽しいですけどね。

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ: ,
お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!