ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

フィルターをロカボーイに変えた、その夜のこと。

亀部屋から大きい音がしたので駆けつけたんです。水槽を見下ろして確認していくと、よもぎは就寝中、あずきは遊びまわってる。おはぎは……いない?

慌てておはぎの水槽の前に回り込んだ時、目に飛び込んできたのは……

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

これでした。

苦笑。

どんちゃん、すごいなぁ。そんなの想像もしてないよ。ロカボーイ背負ってどこ行くの。しかもなんでちょっと自慢気なの。

さっそく撮影して奥さんに送信。すでにベッドに入っていた奥さんですが、これは放っておけないとばかりに飛んできました。そしてこの様子を二人でしばし鑑賞することに。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

「ん?」

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

「なんだこれ?」

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

「・・・・・・」

しばらくして、おはぎさんは状況が飲み込めたらしく、そそくさと後ずさってロカボーイを下ろしたのでした。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

我が家の癒し係おはぎさんは、ときどき思いもよらない行動で僕ら夫婦を和ませてくれます。狙ってないわりに絶妙で、親バカながら「ウチの子天才?」と思っちゃうわけです。三匹の中でもとくに「持ってる」感が強いのがおはぎさん。ときどき天使が舞い降りてますね、ええ。

では最後に、ロカボーイを背負って自慢気なおはぎさんを動画でご覧ください。

 

▼ みなさんのお家にそれぞれの天才たちが。

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!