ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

よもぎがレプトミンを食べてくれません。

昨年から、便秘の間は朝食のレプトミンを嫌がるようになったよもぎさん。今回の便秘でも同様でしたが、夕食のエビは食べるのでそんなに心配はしてませんでした。

ところが、数日でう○こが出るようになったにも関わらず、レプトミンは一向に食べないまま……。どんなに「エサくれ」をしていても、レプトミンを目にしたらさっさと植木鉢に帰ってしまいます。レプトミンをしばらく浮かべておいても、今回は頑なに食べようとしません。

これはいよいよ、レプトミンが嫌いになったんでしょうか……。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

レプトミンならお断り!

しかしエビばかり食べていても栄養が偏る。合成飼料もきちんと食べてもらわないといけません。そこで、とりあえず以前試した別のエサをあげてみました。ひかりクレストのその名も「タートル(Amazonにリンク)」。これは安いし、食べてくれたら家計的にもありがたいんですけどね。

するとどうしたことか、よもぎが珍しそうに口に入れました! おおっ、と驚喜した瞬間……、吐き出して口の周りを必死に拭うような仕草。そんなに嫌がらなくてもいいじゃないの……。

他の二匹はレプトミンを喜んで食べるのに、食いしん坊のはずのよもぎは拒否。なんでも食べてた子が、この変わりよう。改めて「成長」というものを実感しますね。変わらないものなんて無い。時の流れとともに、こんな小さな体の中でも何かが確実に変化しているようです。

仕方ない、これも個性。よもぎと相談しながら対策を考えていきたいと思います。

 

▼ 赤ちゃんの頃からレプトミンで育ってきたのに……。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!