ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

例のヤツが来ましたよ。

我が家では10日ほど前に保温電球をやめて、いよいよ水槽回りも春仕様になってきました。このあとGW辺りにヒーターを外して冬仕様を脱するというのが、このところの我が家の恒例です(そして、おはぎがスネて数日後にヒーターを戻すのも恒例)。

さて、今週に入り、なんだかよもぎに落ち着きがありませんでした。何度も暴れて水面を波立たせます。そのたびに様子を見に行くんですが、さしたる異常はなし。食欲もあるし、う○こも出してる。「春だから、元気があり余ってるのかな~」なんて夫婦で話していました。でも一応、保温電球ありきのレイアウトをやめ、フィルターの場所を変えたりと、色々試していたんです。

ところが、今朝になってよもぎがレプトミンを食べてくれません。においを嗅ぐだけです。それでも「エサくれ」はするので、食欲はあるんですね。そこで試しにエビをあげてみたら、なんとこれも食べませんでした。そうなると、ちょっと大変かもしれません。

便秘を改善すべく急きょ取り組み開始です。まず水を換え、よもぎにはその間に陽の当たる暖かい場所でしばらく運動してもらいました。以前の環境に戻す意味で、保温電球も結局戻すことに。そして、今日一日は絶食させとこうかな、というところです。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

夜になり、他の二匹の晩御飯を与える都合でよもぎにもエビをあげてみましたが……、なんと食べました。これで、あとはお腹の中のブツを出してくれるだけですね。

よもぎの力を信じつつ、注意深く様子を見ていこうと思います。

 

▼ よもぎの便秘は昨年7月一昨年4月と定期的にやってきます。<

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!