IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

まんまる4さい。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

おめめの先にあるものは……。

昨年の発病からちょうど一年、あずきの誕生日が今年もやってきました。あの頃3歳になりたてだった子が、大病を克服して4歳に。感慨もひとしおです。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

本日のディナーは甘えび

闘病中に減りに減った体重も元通り……というか、むしろ4歳は4歳なりに成長しました。上から見たら、もはやあずきかよもぎか一瞬では分からないくらい。違いは、よもぎは甲羅が小さくて手足が長い、あずきは甲羅が大きくて手足が短いんです。しかもあずきの甲羅は大きいだけじゃなく、ホントにもうどこから見ても丸いので、我が家ではミスドのエンゼルクリームだの薄皮のクリームパンだのと呼ばれるありさま。

そしてその丸さが、ちょっとした事故を招きました。
ミシシッピニオイガメの「あずき」

甘えびを平らげたあとの水換え中、奥さんの膝の上で一緒に箱根のガイドブックを読んでいたあずき。しばらくして飽きたのか、体の向きを変えた途端、奥さんの膝から転げ落ちてしまいました。

ところがこれが止まらない。縦と言わず横と言わず回りまくってゴロゴロゴロゴロー!……ようやく止まったのは、奥さんから50センチほど離れた場所でした。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

しかも運悪く逆さま。放心状態なのか、このまま10秒近く固まってしまいました。ここでいつもなら「起こして!」とばかりにこちらを見てくるんですが……、

ミシシッピニオイガメの「あずき」

さすが4歳、なんとか自分で起き上がる気です。しかし首を伸ばしても大きな甲羅は動かず、両手を動員するものの効果なし。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

ちょっと角度が変わっただけでした

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あ、睨まれた

ミシシッピニオイガメの「あずき」

結局、やむなく奥さんが裏返して元通りになりました。

闘病中も、薬が嫌でしょっちゅう奥さんの膝から転がり落ちていたあずき。ダッシュも速いけど、転がる速度も相当なものです。

とは言え、起き上がれないのも困りもの。多少ダイエットに成功したとしても体型のバランスは変わらないでしょうし、少々練習が必要かもしれませんね。

 

 

転がる。
転がる。
あずきは大変ご立腹。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“まんまる4さい。” への4件のフィードバック

  1. すみこ より:

    こんにちわ♪
    あずちゃん、お誕生日おめでとうございます*+・*(≧∇≦)*・+*
    かわいいエピソードです♪
    一生懸命な様子はキュン♪としますよね。
    ウチもまんまる(しかも大きい)ですが、仰向けになるのを悉く嫌がります。
    手足は比較対象が無いのでわかりませんが、首はとても長く伸び、普段の懸垂で鍛えられているせいか器用に戻ります。
    但し、このときばかりは鼻息が聞こえてきそうなくらい本当に必死です(笑)

    • IHANOYA より:

      こんにちわ~。(*^^*)
      しばらく裏返ったままというのは亀にとって生死にかかわるので、
      本当に必死になって元に戻ろうとしますよね。(・_・;)

      よもぎはしょっちゅうひっくり返ってしょっちゅう起き上がってます(笑)。
      モジーさんと同じくらいの大きさのおはぎは(例のごとく)裏返るケース
      自体がまれですが、体が大きいぶん首も太いので、特に問題はないようです。

      それがあずきときたら、とりあえず「待って」ますからね~……。
      亀も甘えるということがあるんだなぁと感心しています。(^-^;

  2. マロン より:

    あずきちゃん4歳のお誕生日おめでとうございます!
    あずきちゃんは本が読めるんですねw
    うちはテレビ派ですw
    部屋での散歩も慣れて、毎日小一時間ウロウロ探検してますが、
    あずきちゃんと同じく自分で起き上がれません(泣)
    赤ちゃんの頃から、速攻で元に戻していたせいか、自分で起き上がる素振りも見せません。
    丸投げです!
    亀としていかがなものでしょうか(-_-)

    • IHANOYA より:

      マロンさんもですか~。
      お互いちょっと過保護だったかもしれませんね(笑)。

      水から出してるときはたいてい僕らが近くにいるときですから、
      まぁコケたところですぐに気づくわけですけれども。
      ましてやあずきは脱走しない子なので、
      自分で水から出ることもないんですけれども……。

      それにしたって、それでいいのか!? というのはあります。(^-^;
      今度「起こして」とばかりに見てきたら、何もせず
      じっと見つめ返してみようと思います(笑)。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です