IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

おはぎの成長。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

あと二十日で5歳になるおはぎ。

相変わらずビビり屋さんで鈍くさい子ですが、最近、少し様子が変わってきました。

水換えの後、機嫌を直すのが早くなっています。

水換えが嫌いなのは変わりません。他の子が元気に歩き回るのに対して、おはぎだけは(奥さんいわく)死んだような目をしてじっとしています。水槽に戻してやっても、ゴトゴトと大きい物音を立てながら、すみっこの方に慌てて逃げていきます。

以前なら、そのあと数時間は引きずっていました。夕飯の乾燥エビも、警戒してなかなか食べにこないくらいです。

それが今は、1時間もしない内に機嫌を直して、夕飯はまだかと様子を見に来るんです。水換えが実はそんなに怖いものじゃないって、ようやく分かってきたんでしょうか。

今日はおはぎだけがビニールプールで待機、他の二匹はリビングを散歩。途中でそれに気付いたのか、おはぎが珍しく冒険を始めていました。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

よっ

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

こら

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

せっと

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

脱出完了!

ビックリしたり怖い目にあったりすると、「寿命が縮んだ」って言いますよね。それは言葉のあやだとしても、水換えのたびにビックリしたり怖がったりしてるおはぎを見てると、やっぱり心配になるんです。実際、ストレスはあるでしょうから。

なので、おはぎが水換えに慣れてくれることは、まさに切なる願いでした。今は少し希望が見えてきたところかもしれません。

もうすぐ5歳で、外見はすっかり大人の亀。それがどうやら、中身の方も少しずつ成長しているらしいと分かってきて、なんだかおはぎがずいぶん頼もしく見えてきました。

 

 

なぜ生物に寿命はあるのか? (PHP文庫)
なぜ生物に寿命はあるのか? (PHP文庫)
一日でも長く一緒に過ごせますように。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“おはぎの成長。” への4件のフィードバック

  1. すみこ より:

    おはようございます♪
    亀の表情は育ててみると本当に豊かだなぁと思いますよね。
    ウチの子もおはぎさんと同じく、いつも笑ったような顔をしているのですが、時折横目でいじけた表情を見せる時がありますf(^_^;
    大抵帰宅が遅くなってしまった時なのですが、薄暗い部屋でこれをされると午前様の旦那さん&それを待つ奥さんみたいな構図になります(笑)
    いつかモジーも新妻から肝っ玉母さんへと、懐の深い亀さんに成長してくれるとありがたいです(* ̄∇ ̄*)

    • IHANOYA より:

      すみこさんの帰りをすねて待ってるモジーさん、かわいいですね~。
      これはもう、なかなか旅行などには行けないですね。(^-^;

      おはぎも水換えのあとや、何かにビックリしたあとなどにすねた目をします。
      怒ってるんだけどご飯も欲しいし、どうしていいか分からないような……。
      体の大きい子は性格も似てるんでしょうか(笑)。

      どうやら少しずつ性格も成長していくようで、これからも楽しみですね~。(*^^*)

  2. マロン より:

    こんばんわ(^-^)
    おはぎちゃん、良かったですね!
    うちもそういえば引きずり傾向がかなりなくなってることに気づきました。
    以前、 IHANOYAさんが水 替えの後のスキンシップとして、お尻をなでることをおっしゃっていましたね。
    1年ほど前からうちもやっていて、もうマロンはうっとりなんですが、それをやり始めてから
    距離が近づいたというか警戒心がなくなってきた気がします(^-^)
    お尻なでなで、今もされてますか(^<^)❔

    • IHANOYA より:

      あずきの治療をやってた頃からバタバタしてご無沙汰になってたんですが、
      ちょうどこの日の水換えのあと、久しぶりにおはぎを撫でてました。(*^^*)
      僕は上から見てたんで分からないんですが、奥さんが言うには
      おはぎは笑ってるように見えたそうです。
      そのあと水に戻したらプリプリ怒ってましたけど……。(^-^;

      水換えで怒るのは、やっぱり持ち上げたとき。
      触られるのに慣れると、そんなに水換えを嫌がらなくなるかもしれませんね。
      これからもスキンシップを増やしていこうと思います!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です