ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

まんざらでもない。

年明け一発目の水換えにて、ちょっとしたトラブルが発生しました。おはぎの植木鉢が割れてしまったんです。

植木鉢の買い置きはないし、お正月でお店も開いてない。さてどうしたものか……。

いや、ただ一つだけ、あるにはあったんです。個性的でかわいい植木鉢を買ったものの、うまく割れなくて使わずにいた、いつかの失敗作。底が抜け、ずいぶん小さくなっちゃって、あずきの日よけくらいにはなるかな、と念のため置いておいたものでした。

おはぎは植木鉢にうるさい子だけど、お店が開いたらすぐに替えてあげるから、ちょっとだけ我慢してくれないかなぁと使ってみたんです。

そしたらこれが、なかなかどうして。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

もたれられるし

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

上に乗れるし

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

向こうからコンニチワできるし

意外と使い勝手がいいらしいのです。昔、植木鉢が気に入らないと暴れたこともあるおはぎですが、今回はまんざらでもない様子。それとも成長して、心が広くなったのかな。いずれにしても、しばらくこのままでも問題なさそうです。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

一応、近日中に予備の植木鉢は買っておきますが、「失敗作」が日の目を見るなら願ってもないこと。実際、いつもの植木鉢よりは高かったので、その場しのぎとは言えちょっと高級な仮住まいではありました。

新年早々に植木鉢が割れるというのも縁起が悪い気がしましたが、おはぎがそれを受け入れてくれたことで、かえって温かい気持ちになれました。ホント、親孝行な子になってくれたものです。ありがたや。

 

▼ 人生万事塞翁が馬。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ:
お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!