おはぎ、危険を察知する。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

またひとつ成長した模様。

動かないチーム、今日はおはぎが動く番でした。自分のタブトラッグス(緑)を意気揚々と抜け出したこのうっかりさんは、例によって例のごとくあずきのタブトラッグス(赤)に落下。また気まずい思いをしながら縮こまるのかと思いきや、

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

まずいとばかりに来た道を引き返すつもりです。今までこれができませんでした。やべぇ間違えた→帰ろう、この答えが導き出せたのは大きな成長です。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずきはこの表情ですからね。そりゃあ逃げたほうがいいんです。僕らもたまに引いちゃうくらいの剣幕で怒られますから。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

おはぎも必死ですよ。後ろなんか振り返る余裕もなく、

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

ものすごい勢いでダイブしましたから。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

ひっくり返るくらいの勢いでね。ちょっと呆然としてます。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

それでもよっぽど焦ったんでしょうね。ここにいても危ないとばかりに、さらに脱出を試みます。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

でも今度下りるときはそーっとね。危ないから。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

なんとか脱出成功、一安心したおはぎさんでした。

今までおはぎとあずきは持ちつ持たれつ、お互いに迷惑を掛けるような関係でした。ところが今日のおはぎの行動からは、「ここにいちゃマズい」と感じたように思えます。これまでも持ち前の学習力で水換えを事前に察知してきたおはぎ。年明け早々また頼もしい一面を見せてくれたのでした。

あとは「あずきちゃんの方に落ちない」ことを学習してくれたらなぁ……。

 

▼ この後はプールと壁の隙間にはさまって安心してました。

記事データ

お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメント

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“おはぎ、危険を察知する。” への2件のフィードバック

  1. すみこ より:

    おはようございます♪
    おはぎさんの後ろ姿、特にお尻。
    可愛いですね♪
    動物のお尻ってなんでこんなに可愛いのでしょうか(笑)
    日々成長しているおはぎさん、もしかしたらこの先あずちゃんとのコミュニケーション能力も身に付けるかも知れませんね(о´∀`о)

    • IHANOYA より:

      亀のお尻の可愛さは、一緒に暮らすようになって発見しました。(^-^)
      No.1は丸いお尻のあずきだと思いますが、こんもりしたおはぎや、
      甲羅が小さいせいでお尻丸出しのよもぎなど、これまた三者三様です(笑)。

      5年経って大人になったもんだとばかり思ってましたが、
      まだまだ中身は成長途上のようで、今後ますます楽しみです。(#^^#)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です