IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

うどんの国へ。

さぬきうどん巡りの旅

先週、夫婦でうどん県に行ってきました。

人生四度目の香川は、初めてマイカーで訪れました。高速を降りると「ようこそ、うどんの国へ」の看板が。その通り、今回の目的は「うどん」のみです。一切観光はしません。うどん以外はほぼ移動時間のみという硬派な旅です。

明石海峡大橋

地元京都でも蕎麦よりうどんが幅を利かせていますが、香川のうどんはまた別格の存在ですね。あくまでもうどんという麺が主役であり、それをどう食べさせるかはうどん屋によって様々。だからこそ食べ比べてみたくなるんです。ただ、県内にうどん屋は900軒くらいあるらしいんですけど。

綿谷の肉ぶっかけ

「綿谷」の肉ぶっかけ

最初に訪れたのが綿谷さん。店頭の大きな亀の置物には、この旅の吉兆を感じました。うどんはボチボチなれど、上に乗ったお肉は絶品。とは言え、それを期待してお土産うどんを買うのはお勧めしません。

初日の行程は、このあと「竹清(再訪)」→「三嶋製麺所」→「かすが町市場」と巡りました。

飯野屋の肉うどん

「飯野屋」の肉うどん

二日目も「肉」でスタート。この日は朝から強風と降雪という悪天候だったので、飯野屋さんの温かく甘いうどんが胃に染みわたります。おかげで、奥さんが静止を振り切って「ぶっかけ」を追加注文というロケットスタートを見せました。

長田in香の香の釜揚げうどん

「長田in香の香」の釜揚げうどん

こちらの有名店も、4度目にして初めての来店。いりこの効いたダシ、そしてダシをきれいにまとった柔らかめのうどん。今まで「釜揚げ」って食べたことなかったので、今更さぬきうどんの新しい魅力を発見したような気分です。嬉しい驚きでした。

山田屋の釜揚げぶっかけ

「山田屋」の釜揚げぶっかけ

「てっちゃん」という店を経由して、〆は「水曜どうでしょう」でもおなじみの山田屋さんに再訪。ここは何を食べてもハズレがありません。

結果、二日で八軒訪れて、お土産のうどんもたくさん買い込んできました。

旅先で「ここに住みたいなぁ」と思った土地が二か所あります。一つは函館で、もう一つがここ香川。4度訪れましたが、印象は変わりません。我が家には定期的に「うどんブーム」が訪れるので、また数年後には訪れることになるでしょうね。次もまた、厳選に厳選を重ねてうどん屋を巡りたいと思います。

 

 
超麺通団―団長田尾和俊と12人の麺徒たち
超麺通団―団長田尾和俊と12人の麺徒たち
我が家のバイブル。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:日々の暮らし
  • 関連するタグ:

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です