ミシシッピニオイガメの「あずき」

お久しぶりの、あずきさんです。

よもぎの便秘に頭を悩ませていた頃、実は同時進行で少々厄介な事態が起こっていました。あずきが傷を二か所も作っていたんです。

ひとつは顔の右側面。もうひとつは右足。どちらもすり傷のようで、発見時には少し血が出ていました。ケガをしたのは水槽の中か、はたまた部屋を散歩しているときか、発見のタイミング的にも分かりません。ただ、おはぎのときみたいな大きい傷ではなかったので、いつものようにイソジン+ゲンタシン軟膏でちょちょいのちょい。今ではすっかり傷跡も消えております。

それにしても、この前のケガは5月7日のことだったんですよね。1か月半の間に三つも傷を作ってしまったのは少々心配です。

好奇心が強い子なので、少々の障害物もへこたれません。脚が速いので、歩く勢いも強いです。ケガをするほどアグレッシブっていうのは、小さな男の子とおんなじですね。おそらくこれからも小傷をたくさん作るんでしょうが、行動を制限するストレスよりはよっぽどいいかなとも思っています。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

最近は仕草が色々と横着。

ただ、アグレッシブなうえに勝気なのは少々困りもの。下の動画のように大きい子を物ともせず向かっていくもんですから、ケンカでのケガ(するorさせる)だけはないよう、しっかり観察していこうと思います。傷があずきの勲章だ、みたいな子にならないように、と。

 

▼ わが身を振り返っても、男の子を育てるのはホントに大変そう。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!